資格試験情報

重要なお知らせ

  • 2022年度より、当会の資格試験は、従来の紙による試験ではなくCBT(Computer Based Testing:コンピューターを利用した試験)にて行います。資格試験当日の運営や申込受付業務はプロメトリック株式会社に委託します。
  • 昨年度までと申込方法や受験方法等が大きく異なるため、資格試験要領に記載の内容や当会Webサイトのお知らせの内容、プロメトリック社のWebサイトをよくご確認の上、お申込みくださいますようお願いします。
  • 今後の新型コロナウィルス感染症を巡る状況に鑑み、資格試験要領に記載の実施内容は急な変更が生じる可能性があります。その場合は、当ページもしくはプロメトリック社のWebサイトにてお知らせします。
  • 受験申込にあたっては、「2022年度 資格試験における新型コロナウイルス感染予防に係る対応等について」を必ずご一読いただき、内容を理解いただいた上でお手続きくださいますよう、お願いいたします。

試験日程

2022年度の試験日程は以下の通りです。

日程 科目 試験開始時刻 試験時間
2022年
12月12日(月)
生保1・損保1・年金1 10 : 00 180分
損保数理 14 : 30
12月13日(火) 生保2・損保2・年金2 10 : 00
年金数理 14 : 30
12月14日(水) 数学 14 : 30
12月15日(木) 生保数理 14 : 30
12月16日(金) 会計・経済・投資理論 14 : 30

2022年度資格試験要領

昨年度までと申込方法や受験方法等が大きく異なります。 資格試験要領を必ずご一読ください。
申込方法等はすべて資格試験要領内に記載しております。

CBT体験版

「CBT体験版」にて、CBTの基本的な操作方法をご自分のPCのブラウザ上で実際に体験することができます。早めにお試しいただくことをお勧めします。

2021年度以前から大きく変更になる点について

CBTによる受験方法の他にも受験申込や当日の運営が2021年度以前と大きく変更になる点があります。 主なものを以下に示しますが、詳細は資格試験要領を熟読してください。

①試験日程

2021年度以前
第1次試験科目→3日間(1日目および2日目2科目、3日目1科目)
第2次試験科目→2日間(2日目、3日目)
2022年度
第1次試験科目→5日間(1日1科目)
第2次試験科目→2日間(1日目、2日目)

②法人会員所属の受験者の申込手順

2021年度以前
連絡担当者が申込を取りまとめ、一括申込
受験料は会社ごとにまとめて請求
2022年度
受験者が個々に申込
受験料は申込時に各自支払

③非会員の受験資格証明書手順(法人会員所属以外)

2021年度以前
受験申込後、受験資格証明書類を送付
書類内容確認後、申込確定
2022年度
受験申込開始前の受験資格審査受付期間に受験資格証明書類を送付
受験資格審査受付期間中に書類の確認ができた者のみ、受験申込が可能

④2021年度以前は試験会場に持ち込み可能だったが2022年度は持ち込み不可になるもの

  • 消しゴム
  • 消しゴムがついている筆記用具
  • 鉛筆削り
  • ペットボトル入りの飲料
  • 時計
  • 箱から出したティッシュペーパー

⑤試験当日の本人確認書類

社員証および学生証は2021年度以前は単体で使用できましたが、2022年度は健康保険証または自署名のあるクレジットカードとの組み合わせによる確認が必要になります。

2021年度以前

以下のいずれか1点

  • 公的機関発行の証明書(運転免許証、パスポート、写真付住民基本台帳カード、写真付マイナンバーカード)
  • 写真付社員証
  • 写真付学生証
2022年度

●1点のみで受験可能なもの

  • 運転免許証(公安委員会発行のものに限る)
  • パスポート
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のものに限る)
  • 在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証を含む)
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き、平成27年12月で発行終了)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード、顔写真付き)

●2点必要なもの

  • 社員証+健康保険証(カード型含む)
  • 社員証+クレジットカード(自署名があるもの)
  • 学生証+健康保険証(カード型含む)
  • 学生証+クレジットカード(自署名があるもの)

※社員証は以下の条件を満たす必要があります。

  • 企業名または団体名が記載されていること
  • 顔写真がプラスチックカードに印刷されていること。または、貼付された顔写真に割印、エンボス、ラミネート加工(社員証全体ではなく、顔写真部分のみでも可)のいずれかの処理がされていること。

※学生証は以下の条件を満たす必要があります。

  • 学校が発行したもの
  • 顔写真がプラスチックカードに印刷されていること。または、貼付された顔写真に割印、エンボス、ラミネート加工(学生証全体ではなく、顔写真部分のみでも可)のいずれかの処理がされていること。

⑥試験会場への入場時間と遅刻の取り扱い

2021年度以前
試験開始時刻の20分前までに着席
遅刻は試験開始後30分以内に限り入場を許可する場合がある
2022年度
試験開始時刻の30分前までに試験会場受付に集合
集合時刻に遅刻した場合は受験不可
但し公共交通機関の発行する遅延証明書がある場合は会場受付に提示することで試験開始後30分以内に限り受験可能となる場合がある

⑦試験中の途中退出

2021年度以前
試験開始1時間経過後、試験終了直前15分までは退出可能
2022年度
原則として途中退出は認めない
(やむを得ないトイレ離席は試験開始30分経過後から可能)

⑧試験会場

2021年度以前
東京・大阪の2会場から選択、科目ごとに違う会場を選択することは不可
2022年度
全国の試験会場から選択可。
ただし日程(科目)によって選択可能な試験会場が異なること、会場ごとに定員制であること、申込先着順であることから、以下の点に注意。
  • 最寄りの会場を選択できない場合がある
  • 日によって異なる試験会場での受験となる場合がある

教科書・参考書の昨年度からの改訂・追加等

資格試験要領 別紙(1)の表中の「教科書・参考書」について、昨年度からの主な改訂・追加は以下の通りです。

科目 主な変更点
会計・経済・投資理論 <会計>
  • 「財務会計講義(第22版)」→「財務会計講義(第23版)」
年金1
  • 企業年金に関する基礎資料(令和2年度版)
    →企業年金に関する基礎資料(令和3年度版
年金2
  • 企業年金に関する基礎資料(令和2年度版)
    →企業年金に関する基礎資料(令和3年度版

※2022年度の試験範囲等の詳細については、「資格試験要領 別紙(1)」を必ずご確認ください。

なお、必要に応じ試験関連図書に関するお知らせ(新規出版物情報、教科書の訂正・正誤表等)を掲示しておりますので、適宜ご参照ください。