公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成29年度 第8回例会のご案内

2018.1.10

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD
第1部: 2.0単位(その他)
第2部:2.0単位(その他)

第8回の例会は、次のとおり2部構成とします。

第1部
14:30-16:30
次の講義を行います。
「プレディクティブ・モデリングの概要と最新動向」 (スピーカー:岩沢宏和君)
※データサイエンス集中セミナー(昨年9月開催)の第3回と同様の趣旨の内容
第2部
17:00-19:00
次のテーマでご講演いただきます。
「統計科学と機械学習の違いについて」
講演者: 統計数理研究所 藤澤 洋徳 教授

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.日時 平成30年2月9日(金)14:30 - 19:00(第1部:14:30〜16:30、第2部:17:00〜19:00)
2.場所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(ホール7A)
 (JR総武線 市ケ谷駅 徒歩2分)
3.第1部(講義) テーマ:「プレディクティブ・モデリングの概要と最新動向」(スピーカー: 岩沢宏和君)
アクチュアリーの基礎教育にデータサイエンスを積極的に取り入れつつあるいくつかの先進的な国では、これからのアクチュアリーが学ぶべきものとして「プレディクティブ・モデリング」を掲げています。 それがどういうものであるか、その正体を紹介・解説します。(昨年9月開催の集中セミナー第3回からの最新動向の話を含む)
4.第2部(講演) テーマ:「統計科学と機械学習の違いについて」(講演者: 藤澤 洋徳 教授)
目次(案)
自己紹介
統計科学と(統計的)機械学習の違い:基本編
統計科学と(統計的)機械学習の違い:LASSO編
統計科学と(統計的)機械学習の違い:詳細編
ディープラーニングの得意・不得意
罰則付き法とベイズ法
機械学習は大ブームと言えるほど話題となっており、実際、様々な分野・領域で成功事例が見られます。 ところで、これまでにアクチュアリーとして学ばれてきた統計科学と機械学習は、どの程度どのように違うものなのでしょうか。 その差異をきちんと理解することで機械学習を理解しやすくすることが本講演の最大の目的です。 特に、機械学習の中でも、統計的機械学習と呼ばれているものが大きな潮流を作っており、講演では主に統計的機械学習に焦点を当てます。 その代表例がLASSOと呼ばれるスパースモデリングです。 その後に、ディープラーニングやベイズについても、時間がある限り、触れる予定です。

<講演者>
藤澤 洋徳 先生は、現在、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所の数理・推論研究系、総合研究大学院大学統計科学専攻の教授であられます。 広島大学大学院理学研究科博士後期課程修了、理学博士。広島大学経済学部研究員、東京工業大学大学院情報理工学研究科助手を経て、統計数理研究所助教授、2013年に 同教授となられました。 ものづくりデータ科学研究センターの副センター長でもあられます。
また、文部科学省委託事業 「数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム」(数学協働プログラム) 実施担当、応用統計学会 理事を最近まで行われ、 現在、Annals of the Institute of Statistical Mathematicsの Chief Editorでもあられます。
ダイバージェンスに基づくロバスト統計の世界に新しい視点を持ち込み、独創的な成果を上げた研究活動により、金森教授とともに「第 10 回 日本統計学会研究業績賞」を受賞されています。
5.参加申込 第1部の講義は、昨年9月に開催したデータサイエンス集中セミナーにご参加いただけなかった会員の方を主な対象としており、 集中セミナーの第3回と同様の趣旨の内容となります(最新動向の話も含まれます)。 集中セミナー第3回にご参加頂けなかった方は、是非ご参加ください。
集中セミナー第3回に参加された方は、4.の第2部(講演)からのご参加でも結構ですし、第1部から今回ご参加頂いても構いません。

<本部事務局(注)>
集中セミナーの他の内容(一部)については、関連する情報提供と合わせて、別途イベントを企画する予定です。詳細確定次第、後日ご案内します。

参加希望の方は平成30年2月1日(木)までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「平成29年度第8回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了

第2部では、ご講演の後にQAセッションも予定しております。藤澤先生への質問があれば、参加申込みと合わせて、所定の欄にご記入下さい。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233