公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

アクチュアリーを知る アクチュアリーという仕事の魅力

あらゆる事象からより良い“解”を導き出す。目には見えない「保険」という商品をよりシンプルに、わかりやすく、身近なものとするために。
 生命保険分野 石田浩史さん 生命保険会社 商品開発部 理工学部 数理科学科 統計専攻

現在の仕事内容について教えてください。

商品開発部部門で、生命保険商品のプライシングを行っています。一口にプライシングと言っても、検討すべき要素は多岐にわたります。特に生命保険は契約期間が非常に長い商品ですので、契約時のお客様の審査から契約後の内容変更、保険金の支払いまで、契約に関連して発生する諸々の事象を適切に反映する必要があります。

仕事をするうえで大切にしていることは何ですか。

数学の問題と異なり、保険商品のプライシングの“解”は、導き出すための要素が複雑に絡み合う上に、推測・判断も加わることから決して1つにはなり得ません。ですので、私が商品開発プロジェクトに参加する際も、“最適解”を導くために労を惜しまず模索し、追求し続けることを心がけています。

アクチュアリーに求められる能力とは何だと思いますか。

前出の通り、アクチュアリーが取り組む「問題」では、答えを導き出す過程で、推測・判断が加わることがあります。その根拠を、アクチュアリーでない人にも納得できるように説明できなければ、会社からの「GO」サインが出ることはありません。

したがって、アクチュアリアルな業務の内容を、いかに簡単に、簡潔に説明できるかが重要となります。

仕事の魅力ややりがいを教えてください。

やはり自分が値段をつけた商品が発売されることです。もちろん私一人で値段を決定するわけではなく、リスク管理部門、契約維持部門、システム開発部門など、いくつもの関連部門と協議しながら紆余曲折を経てプライシングを行いますから、無事に発売日を迎えたときの感慨はひとしおです。さらに、そのあとで営業部門から好評な反応を聞けると、また違った喜びと達成感を味わうことができます。

アクチュアリーになってよかったと思うことはありますか。

私は子どもの頃から算数・数学が好きで、大学でも数理学科に所属していたものの、将来のプランを具体的に描いていたわけではありませんでした。勉強が好きなわけではなかったので研究者として大学に残るというのも気が進まず、そんな中、研究室の先生からアクチュアリーという職業があることを聞き、大学の先輩たちにも話を聞いたところ、「これこそ自分を活かせる仕事ではないか」と感じたのです。結果として、好きな数学を武器として磨きながら、商品開発というクリエイティブな仕事に関わっているわけですから、アクチュアリーを選んだことは極めて正しい“解”だったと思います。

アクチュアリーとして、これまでの仕事で“もっとも嬉しかった出来事”は何ですか。反対に、“もっとも辛かったこと”は?

商品開発は、商品企画部門や営業部門などからの要望を受けて進めていくものですが、すべての要望を満たすことは困難です。部門間で調整を行うこともよくありますが、なかなか調整がつかない中で開発スケジュールの期限が迫ったときには、プライシングに対する責任と締め切りへの焦りの板ばさみとなり、いつも辛い思いをします。しかし、その分、無事に発売できたときの喜びも大きなものです。

今後、アクチュアリーが果たしていくべき役割とは?

昨今、アクチュアリーの業務は一層複雑化しています。これにともない、専門職としてのスキルだけでなく、他の部門の業務にも精通していくことが必要だと考えます。例えば、お客様に適した契約内容か否かを判断する「危険選択」業務に精通したアクチュアリー、あるいは、営業経験があるアクチュアリーなど、プラスアルファの知識・スキルを習得することで、関連部門とのコミュニケーションも円滑化し、活躍の場も広がるのではないでしょうか。

アクチュアリーとしての“今後の目標”は何ですか。

アクチュアリーとしての知見を蓄積し、より良い商品につなげていくことです。そのためにも、さまざまなデータと自己の専門性に基づき、実現可能な商品を模索していく商品開発技術を磨いていきたいと考えています。一方で、自己満足することなく、お客様にとって目に見えない「保険」という商品をよりシンプルに、わかりやすく、身近に感じていただけるよう、商品性を高めていくことを目指します。

アクチュアリーを目指す方へのメッセージ

最近はアクチュアリーを目指す方が徐々に増え、人材も豊富になってきたようで、とても嬉しく思います。資格取得後に、自分がどのようなアクチュアリーになりたいか、どのような特徴を発揮できるのかをイメージすることで、やるべきことが見えやすくなると思いますので、どうか努力を惜しまず頑張ってください。アクチュアリーとして皆さんと働ける日をお待ちしています。

ページの先頭へ戻る

アクチュアリーという仕事の魅力 一覧へ戻る

座談会

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233