公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

合格者の声

正会員 菅又裕介さん 信託銀行 理工学研究科・数理科学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

合格通知を受け取った際入社以来の目標を達成したことへの安堵を覚えたのを思い出します。

試験勉強は数年に渡るものであったためモチベーションの維持が大変でしたが、上司や同僚といった周囲の方々に支えられ何とか合格することができました。今では、感謝の気持ちと共に今後の業務で少しでも恩返しができたらなと思っています。

試験合格により一つの節目を迎えたことになりますが、アクチュアリーとしては、スタートラインに立ったに過ぎません。今後ともプロフェッショナルとしての自覚を持ち、日々の研鑽に努めていきたいと考えています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー試験は、長期にわたって受験することとなるため、強い気持ちをもって取り組むことが求められます。合格に求められる水準に達するには、広範な知識の習得が求められ、一朝一夕にできるものではありません。まして働きながらとなると、まとまった勉強時間の確保が困難になります。短い時間でも毎日コツコツ積み上げられるかどうかが合格の鍵になると思います。

2次試験の勉強においては、法令等に触れる機会も多いと思います。普段の業務からなぜその法令があるのかといった背景を考えることがとても重要なものになると考えています。また最新の動向・法改正については、上司や同僚と意見交換をする等、さまざまな考え方を学ぶ機会を作ることが大事だと思います。

試験で必要となる知識は、アクチュアリーに求められる知識のうち最低限のものに過ぎないと考えています。試験はひとつの目標であると思いますが同時に通過点でしかないということも忘れないでほしいと思います。早期に合格することは、アクチュアリーとしてのキャリアパスの広がりにつながると思います。目標を高く持って、日々の勉強頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

準会員 石橋明弘さん 生命保険会社 経済学部・経済学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

まずは、一次試験を通過して準会員となることができ、ほっとしたと同時に、ご指導・サポートしてくださった会社の方々にお礼を申し上げたいと思います。会社における勉強会をはじめとした恵まれた環境のおかげで、モチベーションを維持しつつ勉強に取り組むことができました。また、応援していただいた家族・友人にも大変感謝しております。

これからは、二次試験への挑戦が待っています。暗記力・文章力・問題解決力など、幅広い能力が求められますので、実務との関係を意識しつつ、より実践的な力を身につけていければと考えています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー試験、特に一次試験の勉強で大事になるのは、「継続」「反復」だと思っています。

「継続」という意味では、日々少しずつでも勉強時間を確保するようにし、特に平日は朝の業務前の時間を活用していました。また、例えば“この月は○○章まで進める”“この月は徹底的に演習を行う”などのように、長期的におおまかな計画を立てたことで、12月の試験を見据えつつ継続して勉強をできたかなと思っています。

「反復」については、教科書の練習問題や過去問の演習を繰り返し行いました。初めは解き方を理解するだけでも一苦労でしたが、何度も繰り返すことで解ける問題も増えてきて、自信につながると思います。

一次試験に限らず、モチベーションを維持する上では、周りの受験者の存在も大きいと感じています。分からないところを教えあえたり、勉強ペースの目安・目標になったりと、私自身とても助けられました。

最後に、読者の中で文系の方へのメッセージです。アクチュアリーは理系の仕事というイメージが強いかもしれませんが、文系出身でも十分に活躍できると思っています。試験についても、特に二次試験は文章を書くので、有利な面もあるかもしれません。一次試験もベースは高校数学ですので、文系で数学が好きという方は、ぜひチャレンジしてみてください!

ページの先頭へ戻る

正会員 秦嘉芸さん 生命保険会社 情報理工学系研究科・数理情報学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

決して容易ではない長い道のりでした。特に2次試験の間に妊娠と出産を経験し、また復帰後は仕事を終えて帰宅してから、育児しながら勉強もしないといけなくて、とにかく時間確保とモチベーションの維持に苦労しました。

上司や同僚、家族全員にずっと支えられ励まされて、初めて乗り越えた今がありますので、多大なサポートをいただいた皆様に、本当に心から感謝しています。

苦労した分最高の喜びを噛み締めました。今後は正会員として業界の発展に貢献できるよう、自己研鑽を重ねていきたいと思っています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

<受験生の皆さんへ>
1次試験はとにかく計算ミスに注意して短時間で問題を解けるよう何度も練習することに尽きると思います。従って、過去問等を繰り返し解いて、しっかり内容を定着させると共に、少しでも疑問に思う点があれば徹底的に潰すようにしたほうが良いと思います。
2次試験は試験範囲が広くて暗記等に苦労すると思いますが、出題された問題次第でいつか受かろうと考えるのではなく、満点をとるつもりで全範囲を確実に暗記するようにした方が結果的には近道だと個人的な経験からは思います。また、自分の考えが問われる所見問題については、普段の業務において常に問題意識を持って取り組むことが一番の対策法であるように思います。

<女性の方へ>
アクチュアリーという職種は高い専門性を要するため、長期的な視点でキャリアを積めることから、仕事と家庭との両立を実現したい女性にとっても非常に魅力的だと感じています。

<外国籍の方へ>
言語のハンディの影響が少なく、専門知識と論理的思考力が重視される資格ですので、外国籍の方でも挑戦しやすいと実感しています。もちろん言語の壁がないわけではないため、その点で試験勉強に苦労することもあるかと思いますが、時間をかけて取り組めば必ず乗り越えられます。私ができるなら、あなたもできます。

ページの先頭へ戻る

準会員 大井一輝さん 損害保険会社 情報学研究科・数理工学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

ひとまず準会員となり、正会員に一歩近づいたことを大変嬉しく思っています。また、色々とサポートしていただいた周囲の方々の期待に応えられ良かったです。

しかし、二次試験の勉強を進める中で、アクチュアリーとして求められる知識や思考力が、自分にはまだまだ足りていないと感じています。出来るだけ早くそれらの知識や能力を身につけ、正会員となった上で専門性を武器に活躍できるよう引き続き頑張っていきたいと思います。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

私は多くの不合格を経験しようやく一次試験を突破しました。そして、今二次試験の勉強をしていて強く思うのは、「もっと早く一次試験を突破して、二次試験の勉強を始められていればよかったな」ということです。

一次試験は「二次試験を受けるのに相当な基礎的知識を有するかどうかを判定する」とあるように、理論についての理解度の確認が中心です。

一方、二次試験は「アクチュアリーとしての実務を行う上で必要な専門的知識および問題解決能力を有するかどうかを判定する」とあるように、実務への応用力の確認が中心となります。

もちろん、一次試験の勉強の中で得た知識は実務を行う上で大変役に立っています。しかしそれ以上に、(まだまだ二次試験の勉強は始めたばかりですが、)二次試験の勉強の中で得た知識が、業務の本質的な理解や、業務上の議論において説得力のある意見を述べることにつながっていると感じる場面が多くあります。

そのため、現在、自己研鑽の時間を二次試験の勉強に充てられていることは、非常に有意義に思っています。それだけに、一次試験の勉強時にもっと自分自身を律することが出来ていれば、もっと早く二次試験まで来られたのではないかと正直後悔しているのです。

私は学生時代に一次試験の受験を開始しましたが、学生から社会人になったことなどによる環境変化や研究・仕事の忙しさを言い訳にしてばかりで、とても勿体無い時間の使い方をしていたと思います。

これからアクチュアリー試験を受験しようと考えていらっしゃる方で、もし自分を律する自信がない場合には、早いうちからアクチュアリー会の講座を受講すること、試験の受験仲間を作り勉強会を開くこと、周囲に目標を宣言することなどをお勧めします。

私自身も、一次試験での反省を踏まえ、後悔しないように頑張ります。

ページの先頭へ戻る

正会員 木村勝幸さん 損害保険会社 工学研究科・電子情報システム専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

非常に難易度の高い資格試験と知られているアクチュアリー試験ですので、合格がわかった時にはその喜びとともに、ほっとしたというところが正直な気持ちでした。また、家族、上司、同僚などこれまでサポートしていただいた方々へ合格の報告ができたことをうれしく思います。

一方、資格を持っていたとしてもそれを活かすことができなければ宝の持ち腐れにもなってしまうと思いますので、今後も研鑽を続けていき、アクチュアリーとして業界の発展に貢献していきたいと思います。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー試験は1次・2次で合格するために求められる素養が大きく異なっており、特に2次試験では基礎的な知識を身につけていることを前提として、知識だけではなく問題に対する自分なりの考えを持ち、それを短い試験時間内で文章としてアウトプットする能力が求められていることが難しさの一因になっているものと思います。

私もそうでしたが、受験される方のほとんどは社会人として日々の業務の傍らで試験勉強もされていると思います。日々の業務だけでも忙しい中で意識を持って勉強を続けることは正直つらいときもあるでしょうが、単に正会員になることだけではなく、正会員になって何をするのか、何をしたいのかを考え、頭の片隅においておくこともモチベーションを維持するためにはよいかもしれません。

アクチュアリーに求められる役割が拡大している中でもありますので、より多くの方にアクチュアリーに興味を持っていただけると幸いです。また、受験される方は是非合格に向けて頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

正会員 大口聡子さん 監査法人 理学部・応用数学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

2次試験は想像以上に困難で、5年間一切受かりませんでした。昨年は年金分野の試験範囲が改定され、幸いにも自分にとって有利になりましたので、気持ちを切り替え「今年で2科目合格して終わらせる」という強い思いで勉強しました。 合格発表のときは、もう今回以上に勉強できる気がせず、これで落ちたらアクチュアリーはあきらめようと思い詰めていましたので、合格と分かって心底ほっとしました。

正会員になって半年以上経ちましたが、自分の中で変化したと感じていることは、心身共に余裕ができたことと少し自信がついたことです。これまではクライアントを前にして私は何者だと思われているのだろうかと自信がなかったのですが、少し自信がついたと感じています。その一方で、アクチュアリーとして恥ずかしい仕事はできないと気が引き締まる思いもしています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

合格するために一番重要なのは、合格したいという気持ちだと思います。2次試験で落ち続けた5年間は、実務経験がないためハンデを負っていると思い込んでおり、まず気持ちで負けていました。

気持ちを切り替えた昨年は、6月から勉強を開始し、土日、夏季休暇はもちろん、平日も気が済むまで勉強しました。また、社内外の勉強会に参加して積極的に勉強方法や合格の秘訣などを聞きましたし、多くの方に所見を見て頂きました。ちなみに、試験初日の前夜は気が高ぶりすぎて一睡もできませんでしたが、これに怯まず試験の3時間だけは集中して力を出し尽くしてきました。

2次試験では法令等の知識を身につけることはもちろんですが、情報を収集する力、課題を掘り下げてまとめていく力も重要だと感じました。これらは日々のコンサルティング業務を行う上でも必要な要素ですが、2次試験を通して身に着けられたと感じる部分もあります。

試験勉強は辛いものですが、理解が深まり自分が成長していることを感じられれば面白くなってきますので、ぜひ最後まで頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

準会員 屋良美智留さん 信託銀行 経済学部・経済学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

まずは1次試験を通過し準会員となることができ、ほっとしています。業務と勉強の両立は入社前に思っていた以上に大変でしたが、会社の支援制度に加え友人、同僚、上司、家族など、社内外問わず、周囲のみなさんのサポートのおかげで合格することができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

今は2次試験に向けて勉強に取り組んでいます。2次試験に合格するには数理的素養のみならず法令や年金制度に関する幅広い知識・問題解決能力が必要となります。試験勉強を通じて少しでも早くこれらを身に着け、お客様に信頼されるようなアクチュアリーになりたいと考えています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

多くの方は働きながら限られた時間の中で試験勉強をする必要があり、勉強時間の確保とモチベーションの維持が合格のカギとなってくるのではないかと思います。

私は、業務後はなかなか勉強できない自分の性格を踏まえ、朝早く起きて始業前に1〜2時間程度勉強時間を確保するようにしています。また、勉強はなるべく自習室やカフェで行うなど、環境を変えることで勉強時間と生活時間のメリハリをつけるように意識しています。

試験勉強は個人戦のようにも思えますが、私の場合は、友人と問題を教え合ったり、意見を交換したりすることでたくさんの発見がありましたし、モチベーションも非常に高まりました。ぜひ、みなさんも受験仲間と助け合い、切磋琢磨しながら試験に挑んでください。

アクチュアリー試験は出題範囲が広く、難易度の高い試験ですが、諦めなければ必ず合格できると信じ、継続的に勉強することが大切だと思っています。一緒に合格に向けて頑張っていきましょう。

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233