公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

合格者の声

正会員 田中豊人さん 損害保険会社 情報理工学系研究科・数理情報学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

無事正会員となれたことは、職場や受験仲間を始めとした周囲の皆様のご支援のお蔭です。心より感謝申し上げます。

アクチュアリー資格試験の受験を始めた当初は、正会員になることだけを目標に勉強していましたが、特に2次試験の勉強を通じて現在のアクチュアリーが直面する課題への理解を深め、考察したことで、自然と合格の先についても見据えることができるようになったと感じています。

今後も自己研鑽を継続し、アクチュアリーとしての知識や技術、および考察力を高めながら、業界の発展に貢献していきたいと思います。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

私にとってアクチュアリー資格試験の受験勉強は、アクチュアリーとして活躍するための土台作りとして、非常に有益かつ重要なものであったと思います。

試験を突破することだけを目標にすると、勉強が単調な暗記作業になってしまう可能性もあるかと思います。受験勉強を有意義なものにするためにも、実務との結びつきを常に意識しながら、勉強の質を向上させることが大切だと感じました。 また、アクチュアリーの皆様の中には様々な分野で活躍されている魅力的な方が沢山いらっしゃいますので、私の場合には、そのような方々を目標とすることで、自然と受験勉強へのモチベーションが向上し、合格に繋げることが出来たと思っています。

アクチュアリー資格試験は、勉強しなければならない範囲が広く、また各内容について深い理解を求められるため、決して簡単な試験ではありませんが、受験勉強から得られるものも多くあると思いますので、是非頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

準会員 根本真理子さん 生命保険会社 先進理工学部・応用化学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

試験直後は落ちているかもしれないと思っていたので、無事準会員になることができ、ほっとしています。

モチベーションの維持が大変なこともありましたが、社内勉強会等会社の支援制度や、周りの方々のサポートのおかげで合格することができ、感謝しております。

現在は2次試験に向け勉強しています。1次試験とは求められる能力が異なっており、戸惑うことも多いですが、実務との関連性を意識しながら勉強に取り組み、できるだけ早く正会員になりたいと思っています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

合格のためには、長期間継続的に勉強することが必要です。その中で私が一番大変だと感じたことはモチベーションの維持でした。

「なぜ毎日毎日勉強ばかりに時間を費やさなければならないのか」と陰鬱な気持ちになり、全てを投げ出したくなることも多々ありましたが、また来年も同じ試験を受けるのは嫌だという強い気持ちがあったので、勉強を続けることができたと思います。

また、自分より業務が忙しいのにきちんと勉強時間を確保している先輩が周りにたくさんいたことも励みになりました。

アクチュアリー試験は難易度の高い試験ですが、きちんと勉強をすれば決して越えられないハードルではないはずです。合格目指して一緒に頑張りましょう!

ページの先頭へ戻る

正会員 永島武偉さん コンサルティング会社 経済学研究科・統計学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

合格したときは「ようやく受かった」という気持ちでした。

正会員資格取得前から、アクチュアリーとしてプロフェッショナルな知識を用いてお客様に説明する立場にいましたが、正会員のタイトルがないとやはりプレゼンスも違ってくるので、出来るだけ早く取得したかったです。

試験期間はちょうど業務の繁忙期で、業務で貢献ができず申し訳ない気持ちでしたので、ご迷惑をお掛けした上司、同僚等に感謝の気持ちでいっぱいです。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

デジタライゼーション等によって仕事の概念が変わりつつあり、アクチュアリーとして必要なスキルも進化していくことが求められていると思います。

私はアクチュアリー試験を受け始めた当初は試験がゴールでしたが、業務に携わるうちにイチ資格として捉えられるようになりました。ぜひ試験を目的とせず、現在・将来の業務に生かされるスキルを身に付ける気持ちで、勉強に励んでいただければと思います。

私は本格的な試験勉強は10月頃からスタートさせていましたが、特に二次試験については業務で得られる知識が大きいので継続的にインプットできていたのだと思います。勉強スタイルは個々それぞれですが、継続的に勉強できる環境に身を投じることが近道だと思います。

ページの先頭へ戻る

準会員 近藤晃生さん 信託銀行 理学部・数学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

一次試験を通過し、準会員となれたことをとても嬉しく思っています。また、一次試験受験にあたり、手厚くサポートしていただいた会社の方々には大変感謝しております。仕事と勉強の両立は想像以上に大変でしたが、周囲の方々の支えがあり合格することが出来たと思います。

今は二次試験に向けての勉強に取り組んでいますが、数理的能力だけでなく年金制度に関する幅広い知識や問題解決力が必要だと感じています。少しでも早くこれらを習得できるよう引き続き努力していきます。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

一次試験は「基礎的知識を有するかどうかを判定することを目的」としており、数理的な内容が大半を占めます。実務に活きる内容も多くありますが、普段の業務で直接使うことのないものもあり、そういった内容の勉強と業務とを両立することは大変だと思います。

私は、友人や会社の同僚と教えあったり、進捗を共有したりすることでモチベーションを保ち、継続して取り組むことができたと思います。また、12月までの長期的な学習計画を立てることもモチベーションを保つための助けとなりました。 一次試験は出題範囲が広いので、一夜漬けなどではなく、日々継続して勉強することが重要だと思います。始業前の時間を活用するなどして、少しずつでも毎日勉強時間を確保するようにし、過去問等を繰り返し解くことで理解・知識の定着に努めました。

アクチュアリー試験の勉強は長くつらい場面も多いかと思いますが、諦めなければ必ず合格できると信じています。一緒に合格を目指して頑張りましょう。

ページの先頭へ戻る

正会員 川井麻奈さん 生命保険会社 経済学研究科・統計学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

合格が分かった瞬間は、ただただ安堵したのを今でも思い出します。合格までの道のりは長く、決して平坦ではありませんでしたが、ご指導してくださった会社の方々や日々の生活をサポートしてくれた家族に、合格の報告ができることがとても嬉しかったです。これまで支えてくださった周囲の方々へ心から感謝しています。

これからは、アクチュアリーとして業界の発展に貢献できるよう、引き続き自己研鑽に努めていきたいと思います。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

合格に向けて何よりも大事なのは、合格したいという強い気持ちだと思います。アクチュアリー試験では、長期間、働きながら勉強する方も多いと思います。業務前後や休日に勉強時間を捻出することは容易ではないですが、正会員となり何をしたいのか、なぜ正会員を目指すのかなど、初心に立ち返ったことが、モチベーション維持につながったと感じています。

特に1次試験に比べ試験範囲が広く、論述が中心となる2次試験では、知識を増やしていくだけでは不十分であり、論述のための準備と対策が必要です。

2次試験ではこれまで得た知識を基にして自分の意見をまとめることが求められます。他の受験生と情報交換する、業務を通じて上司や同僚と意見交換するなどして多様な考えに触れることで、少しずつ自分の意見を深めていきました。時間はかかりますが、こうして1つ1つのトピックに対して論点を掘り下げていくことが、自分の考えをまとめていく一番の近道だと感じています。

3時間という試験時間は長いようでとても短く、限られた時間で自分の意見を文章に的確に表現しなければなりません。1つのトピックに対して、論点を網羅的に列挙し、各論点を1つずつ掘り下げ、それを相手に分かりやすく伝えることを意識しました。自らで作成した解答を先輩に添削してもらうなどして、徐々に文章の表現力を身に着けていきました。

自分自身の努力もさることながら、こうした周囲の皆さんのサポートがあったからこそ、なんとか合格を掴めたのだと思っています。

アクチュアリーの活躍分野はこれからも拡大していくと思います。より多くの方にアクチュアリーについて興味を持ってもらえれば嬉しいです。

ページの先頭へ戻る

準会員 木下亮さん 損害保険会社 理工学研究科・数学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

一次試験は入社当初に想定した以上に大変で、合格を知ったときはようやく最初の山を越えてひとつ肩の荷が降りたような心地でした。思うように結果が出ず苦しい時期もありましたが、なんとか準会員になることができ、大変嬉しく思います。これまでサポートいただいた会社の上司・同僚や講座で指導いただいた先生方、そして何より、ともに勉強した友人や諸先輩方に感謝しています。

とはいえ、大変なのはこれからです。今後はより広範な知識や課題解決力を身に着け、会社やお客様に貢献できるよう研鑽を積んでいきたいと思います。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー試験の勉強においては、限られた時間をいかに効率的に活用できるかが鍵になると思います。学習方法は人それぞれだと思いますが、私の場合は理論を自分なりに解釈することに重点を置いていました。毎年のように新規問題が出題されるなど試験問題が多様化している現状において、基礎的な理論を深く理解し広く応用することが合格への近道と考えたためです。特に、友人や先輩方と議論したり教え合ったりしたことが、理解を深めるために大いに役に立ったと思います。また、背景にある理論を意識して日々の業務に取り組んだことも、知識を効率的に身に着けるために有用だったと感じています。

昨今ではアクチュアリーの役割は拡大しており、様々な知識・スキルが求められるようになりました。アクチュアリー試験はその基礎であり、勉強しておいて損のない資格だと思いますので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

ページの先頭へ戻る

正会員 野田陽平さん 信託銀行 数理科学研究科・数理科学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

これまでの努力が結果に結びつき、大変嬉しく思っております。それと同時に、業務上の配慮をしていただいた同僚の皆様、温かく応援してくれた家族に対して、改めて感謝したいと思います。

今後はアクチュアリー試験を通じて身に付けた専門知識を業務に活かしていくとともに、広い視野を持って新しいことを学んでいきたいと思っています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー2次試験に合格するためには、忍耐強く勉強を続けることが重要です。継続して勉強するためには「興味を持つこと」がとても大切だと思っています。
私は年金分野を受験しましたが、普段の業務で扱っている企業年金だけではなく、公的年金や年金税制についても興味を持って勉強することができたのが良かったと感じています。

また、他の受験者や正会員の方との意見交換を数多く行ったことも有意義だったと感じています。アクチュアリー2次試験の範囲は広く、どこまで勉強するべきか悩むことがありましたが、他の人の考えを聞くことで効率的に勉強することができました。また、所見問題では「いかに相手にわかりやすく伝えるか」が重要ですが、自分が書いた所見を複数人に見てもらうことで、ブラッシュアップできたと感じています。

アクチュアリー試験の合格までは長く険しい道のりですが、合格を信じて頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233