公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

合格者の声

正会員 大野(三浦) 紀子さん A型 しし座 理学部・数学科 商学研究科・金融工学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

まず一番に、現所属の上司や同僚の皆さんだけでなく元上司や元同僚に至るまで、周囲の方々が想像以上に喜んでくれたことが嬉しい驚きでした。長きにわたって試験に取り組み、自分だけが苦労したのではなく、周囲にもご心配をおかけしていたことを実感します。

苦労した分喜びは大きかったですが、アクチュアリー試験で養う知見がアクチュアリーとして必要な素養のすべてではなく、スタート地点に立ったに過ぎません。今後も研鑽を続けていきたいと考えています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー2次試験は、時事問題を様々な視点から考察して、基礎的知識を基に持論を述べるものだと私は思っています。考える時間をたくさん確保したいところですが、私と同様、多くの人にとって、社会人として仕事をしながらじっくり考える時間を捻出するのは難しいと思います。

しかも、多くの人にとっては社会人数年目で仕事も面白く・忙しくなってきたところかもしれません。そうなってくると、会社にいる時間だけではなく、帰宅したあとも仕事のことを考えたりすることも多くなります。

私にとっての合格の重要ポイントは、仕事が面白く・忙しい中でも、「仕事時間」「休息時間」「基礎的知識を習得する時間」「試験に向けて考察する時間」を上手く配分できるかということでした。これが上手くいかなかったこともあり、非常に長い年月をかけて2次試験に取り組むことになってしまいましたが、試験勉強のことを家族に話すことによって頭の切り替えがしやすくなり、長きにわたる混沌とした状況を抜け出すことができました。

昔は資格試験の勉強は個人的なものだと思っていましたが、社会人として試験を受ける限り同僚のサポートの上で時間を捻出できるのですし、先輩や同僚と議論することがとても為になったり、家族のサポートがあったりと、実は多くのサポートの上で合格できたのです。ぜひとも同僚や家族と支え合って取り組んでいただければと思います。

最後に、女性のアクチュアリーはまだまだ少ない状況ですが、とてもやりがいのある仕事です。一人でも多くの方に興味を持ってもらえればいいなと考えています。

ページの先頭へ戻る

正会員 峯山 耕太郎さん B型 うお座 工学系研究科・技術経営戦略学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

合格がわかった時は、アクチュアリーとして一つの節目にたどり着いたことの達成感を感じるとともに、ようやく周囲の支援に応えることができたとほっとしたことを覚えています。

長期間にわたる試験勉強の中では、思うように理解が深められず学習意欲を維持し続けることが難しい時期もありましたが、職場の上司・同僚や家族、ともに受験した仲間に支えられ、少しずつ前へ進むことができました。多大なサポートをいただいた皆様に、改めて感謝いたします。

今後もアクチュアリーとして業界の発展に貢献できるよう、専門知識の向上に努めたいと思います。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

仕事をしながら資格試験に向け高い意識を維持するのは大変なことですが、私の場合は資格取得の目的を見失わないことと仲間の存在が勉強の支えとなりました。

試験の合格は目標の一つではありますが、それだけを目標にしてしまうと、勉強が単なる解法暗記の繰り返しとなり、十分な知見を身に付けることができないと感じることがありました。資格取得のみに留まらない広範な実力を身に付ける思いでじっくりと取り組むことで、勉強が面白くなるとともに、実務に結び付く理解につながると考えます。

また、資格試験に向けともに勉強した社内外の仲間には、受験時だけでなく資格取得後も、最新の情報を交換したり議論したりするなど刺激を受けており、大きな支えとなっています。

今後、アクチュアリーに求められる役割がますます広がっていく中、一人の知見だけでカバーできることには限りがあります。私も多様な専門性を持つ皆様とともに、研鑽を続け成長していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

準会員 安田 恭平さん AB型 さそり座 理学研究科・数学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

非常に難関な試験ということで、当初は気負って勉強していたのですが、幸いにも現在所属している会社の受験サポートを上手く利用することができたのではと、自分では思っています。

難解な内容につまずくことも多かったのですが、数理的な困難さに対し先人が編み出した手法の素晴らしさに触れたり、また時に実務上でそれらがどのように活かされているかを実感できたりしたことは、モチベーションを維持するのに役立ちました。また、こういった試験がなければ得がたい経験であったようにも今は思えます。

会社の受験サポートなどの恵まれた環境は、アクチュアリーとして活躍された先輩方のおかげなのだと思います。先輩方に恥じない仕事をしたいと思うとともに、残りの一科目(生保2)に早く合格し、支援を受ける立場から会社に貢献できる立場になりたいと思います。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

1次試験は「基礎的知識を有するかどうかを判定」とはありますが、テクニカルな出題も少なくありません。計算ミスや試験時間といった問題に悩まされることも多いため、「表計算ソフトがあれば」と思うことは一度や二度ではありませんでした。先輩方や同期のベスト・プラクティスを共有したり、ウェブ上にあるTipsを参照したりして、計算の効率化を図っていました。

2次試験はまだ途中ではありますが、生保1を受けた時はアクチュアリージャーナル第66号の「第2次試験に向けた勉強を進める上での留意事項」を大いに参考にしました。また、法規や監督指針などは可能な限り原典を参照するようにしましたが、ハイパーリンク付きで電子化されているものもあるため、それを利用していました。

アクチュアリー会のライブラリや過去問もPDFで提供されており、個人的には内容を理解することに集中できる環境が整っているように思います。その環境を利用して試験勉強したことで、数理的事項や法規の深い理解に効率的に時間を使えたと思っています。

ページの先頭へ戻る

準会員 坂口 昂介さん O型 さそり座 経済学部・経済学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

私は文系出身なので、アクチュアリー試験の勉強は高校の数学IIICを学習するところから始めました。それから数年、継続的に勉強してきた成果が実り、ようやく準会員になることができて一安心しています。ここまで到達できたのも、周りの人の支えがあってのことだと思います。多大なるサポートをしていただいた会社の方々、講座などで指導してくださった先生方、応援してくれた家族や友人、本当にありがとうございました。

これからは2次試験に挑むことになります。お客様や社会に真に必要とされるようなアクチュアリーとなるため、試験勉強を通して、幅広い知識や問題解決能力を身に付けていきたいです。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー試験合格のためには、長期間継続的に勉強することが大切だと思います。そんな中、同じ目標に向かって一緒に頑張れる仲間の存在はとても大きいです。仲間がいることで、モチベーションを維持したり、わからないところを教え合ったりすることができました。ぜひ、受験仲間と切磋琢磨し試験に挑んでください。

最後に、文系でアクチュアリーに興味を持っている方にメッセージです。1次試験は高校数学の知識があればテキストを理解することができます。その上で、演習などを繰り返せば十分合格レベルまで達することができると思います。また、2次試験は法令を読み解き、文章にまとめる力が必要となるので、文系出身者のほうが有利かもしれません。数学が好きな文系の方は、ぜひ試験にチャレンジしてみてください。

ページの先頭へ戻る

土田照久さん O型 おとめ座 理学部数学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

二次試験がようやく終わり、アクチュアリーとしてのスタート地点に立てたことで一安心しています。振り返れば、試験勉強には多大な時間を費やしましたし、思うように勉強がはかどらずに辛いと思う時もありました。しかし、上司や同僚の皆さんからご指導と励ましのお言葉をいただき、合格に至ることができました。

とはいえ、まだアクチュアリーとしての「基礎の基礎」が終わった段階です。これからも自社はもちろん、保険業界や保険にご加入いただいている方々に幅広く貢献していくため、自己研鑽を重ねていきたいと思っています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー試験は、過去の出題を一通り勉強した程度では合格が困難な内容になっており、必要とされる事項全般を頭に叩き込むまで繰り返し勉強しなければなりません。通常業務の合間を縫っての学習ですから、長いスパンで計画的な勉強を心掛けるとよいと思います。

アクチュアリーを目指す方には、理系出身者が多いと思いますが、一次試験は数学的素養や計算能力に重点が置かれるため有利な点は多いものの、二次試験では論理性や文章構成力などの文系の能力も必要になるので苦戦を強いられるかもしれません。私自身もその一人でした。これを克服するため、現行の業務や法的規制がどのような考え方で成り立っているのか、課題はどのような点にあるのかなどを考え、文章にまとめられるまで理解できるように心掛けました。また、アクチュアリーの先輩方のいろいろな意見を聞くことで、幅広い視野を持った考え方ができるようになったと思います。

アクチュアリーという職業はまだまだ発展途上です。今後、金融の自由化が進むにつれ、必要とされる場面も増え、より高度な専門性を備えた「やりがいのある職業」になっていくでしょう。アクチュアリー試験はその第一歩ですが、自分自身を成長させるよい機会になりますので、ぜひ合格を目指して頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

吉田興正さん AB型 うお座 理学部数学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

難関といわれるアクチュアリー資格試験に働きながら合格することは、入社当初に思っていた以上に大変でした。会社のサポート体制はあったものの、入社年数を積むほどに仕事も忙しくなり、時間の確保が難しくなって思うように勉強が進まないことも多々ありました。

それに加えて二次試験の受験では、合格に必要な能力が広範囲にわたることにも苦労しました。数学だけできれば合格できるわけではなく、法令などの知識や文章力、問題解決力までもが試される試験です。うわべだけの知識を身に付けるのではなく、法令制定の背景まで立ち返ったり、課題となっていることの解決策を自分なりに考えたりと、地道な勉強を続けていったことが合格につながったと思っています。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

限られた時間の中での試験勉強ですから、効率よく計画的に勉強を進めていくことが大切です。すでに資格を取得した先輩から勉強方法を教わったり、ともに受験する仲間と教え合ったりすることで得るものがとても大きかったように思います。また、実務を通じて学ぶことも、試験に役立つケースがたくさんあります。日頃から多くの知識を学び取るよう心掛けて仕事に取り組むと、試験勉強のための時間を少なくすることも可能です。

仕事が忙しい時などは、勉強が計画より遅れてしまうこともあると思います。しかし、そうした時にも、必ず挽回する気持ちを持ち続けることが大切だと実感しています。勉強が辛くなることもあるかもしれませんが、合格したいという気持ちをしっかりと持ち続ければ願いはかなうので、最後まであきらめずに頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

守永若菜さん A型 やぎ座 理工学研究科・環境システム工学科

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

私は準会員になるまで6年もかかり、不合格が続いた年は、あきらめの気持ちがしだいに大きくなりました。先が見えないことに苦しんだ時期も長かったように思います。今回の試験が駄目だったら、もうこの先も合格はないだろうと思って臨んだので、合格がわかった時は言いようのない喜びと達成感を味わいました。なんとしても合格したいという熱い気持ちとともに、一緒に勉強してきた同僚や周りのサポートがあったからこそ、たどり着けた合格だと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

一次試験合格までには、かなりの勉強量が必要でした。私の場合は、半年前からスタートし、土日はほとんど机に向かっていました。平日は仕事で夜の勉強時間が作りにくいため、出勤前に時間を割いていました。基礎知識を暗記し、過去の試験問題と教科書の内容を理解したら、ぜひ受験仲間と一緒に勉強することをお勧めします。自分の知識量、応用力を確認することができるからです。

試験勉強の途中では、苦しいこと、挫折してあきらめそうになることがあるかもしれません。一つのことを続けるのはなかなか難しいことですが、挑戦できることに感謝し、この経験が自分にとって大きなプラスになると信じて、最後までやり通すことが大事だと思います。私もまだ試験は続きますので、一緒に頑張りましょう。

ページの先頭へ戻る

横山卓也さん ふたご座 工学研究科・航空宇宙工学専攻

Question1 アクチュアリー資格試験を振り返ってお気持ちをお聞かせください。

一次試験を通過して準会員となり、まずは一安心といったところです。また私の受験のために配慮いただいた職場の方々や家族にも、その期待に応えることができたと安堵しています。

とはいえ、まだ二次試験が続きます。二次試験は一次試験とは違い、法律などの暗記や解釈が重要となる試験です。これからも継続的に学習することで早期の正会員取得を目指すとともに、その知識と実務との関連性を意識しながら、アクチュアリーとして成熟した専門性を発揮できるように目指します。

Question2 アクチュアリー資格試験について、これから受験される方へメッセージをお願いします。

アクチュアリー資格を目指すほとんどの人は、日常業務に携わりながらの受験勉強になると思います。当然のことながら、仕事をしながらの勉強というのは非常に大変です。それを成功させる鍵となるのが時間の確保です。ですから、できるだけ早いうちに、手の空いた時間を上手に利用して継続的に学習することが有効だと思います。

結婚したり、子どもが生まれたりというライフスタイルの変化が加われば、勉強時間の確保はさらに難しくなってきます。そうなる前の若いうちに、できれば独身時代に、一つでも多くの科目を取得しておくことが効率的ではないでしょうか。

一次試験が終わったばかりの私自身も、この先、資格試験はまだ続きます。アクチュアリー資格試験を受験するモチベーションは人それぞれだと思いますが、お互い正会員取得を目指して頑張っていきましょう!

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233