公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

アクチュアリーを知る アクチュアリーになるには?

日本アクチュアリー会の資格試験に合格し、正会員として認定される必要があります。

「アクチュアリーの仕事をしている人」を「アクチュアリー」と呼ぶこともありますが、普通、日本において「アクチュアリー」とは、日本アクチュアリー会の「正会員」を意味します。正会員資格取得のためには、日本アクチュアリー会が毎年実施している資格試験の全科目合格とプロフェッショナリズム研修の受講が必須の要件です。
資格試験を全科目合格するためには、基礎科目となる第1次試験5科目、専門科目となる第2次試験2科目の計7科目に合格する必要があり、全科目合格までには最低でも2年を必要とします。また、「実際にアクチュアリーとして働く」ことを前提としている点も、この資格の特徴です。実際、ほとんどの正会員は、企業でアクチュアリー業務に携わりながら勉強を続け、試験に合格して資格を取得しています。

保険計理人」や「年金数理人」など、職務によっては、日本アクチュアリー会の正会員であることで資格要件の一つを満たすものもあります。

アクチュアリー資格試験の概要


第1次試験(基礎科目) 第2次試験(専門科目)
目的 第2次試験を受けるに相当な基礎的知識を有するか否かの判定 アクチュアリーとしての実務を行う上で必要な専門知識および問題解決能力を有するか否かの判定
受験資格
(1) 学校教育法による大学を卒業した者
(2) 試験委員会が大学を卒業と同等の資格試験受験に必要な基礎的学力を有すると判断した者
第1次試験全科目(5科目)に合格した者
試験科目 次の基礎科目(5科目)から構成されています。
  • 「数学」
  • 「生保数理」
  • 「損保数理」
  • 「年金数理」
  • 「会計・経済・投資理論」
次の3つのコースから1つを選択します。
生保コース……「生保1」、「生保2」
損保コース……「損保1」、「損保2」
年金コース……「年金1」、「年金2」
いずれのコースも、専門科目2科目から構成されています。
なお、いずれのコースを選択して合格した場合でも正会員資格としての区別はありません。
試験方法 筆記
施行地 東京・大阪
試験期日 年1回、12月

資格試験についてさらに詳しく知りたい方はこちら

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233