公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

アクチュアリーを目指す 座談会

テーマ1 アクチュアリーを知ったきっかけ

司会

まず、最初に伺いたいのですが、皆さんはいつ、どんなきっかけでアクチュアリーという職種を知りましたか?


奥山

私は大学3年生の時に、所属するゼミの教授から教えていただきました。
大学時代の専攻は「計量経済学」といって、株価の変動や消費者物価指数などのデータを計量的、統計的に扱うもので、アクチュアリーとは非常に関係の深い分野でしたので、教授もよくご存じでした。

金森

私も同じく大学時代ですが、理学部の数学科でしたので、授業でもアクチュアリーの話題が出てきました。
数学科出身者の就職先は、教職員やシステム部門がほとんどですが、アクチュアリーは金融関係の企業に入って活躍できる希少な職種ということで、クラスでも話題にあがっていました。

野村

私は修士課程1年のときです。確率論や統計学を専攻する研究室で、たまたまアクチュアリーコースの内定を得ていた先輩がいて、色々とお話を聞くうちに、自分の学んだ専門知識を実務で活かせる仕事として、興味を持つようになりました。
メーカーの研究職なども考えたのですが、アクチュアリーの方が、確率や統計の知識を活かせるフィールドが広いと考え、そちらを選びました。

早瀬

私は理工学部の管理工学科で確率・統計も勉強していましたが、アクチュアリーについては、名前だけは知っていた、という程度です。
詳しく知ったのは会社に入って経理部に配属されてからです。損保の場合、経理部で責任準備金(※1)の計算を担当しているため、仕事を通じてアクチュアリーの重要性を知ったというわけです。

堀口

私は皆さんとはちょっと状況が変わっていて、土木工学科で交通計画を勉強していましたので、アクチュアリーを知ったのは就職活動を始めてからですね。
確率や統計については、快適な歩行空間についての研究でアンケート調査をしていて、その集計のために多少は活用した、という程度です。
ただ、就職活動にあたって、そのまま土木分野に進むのでなく、世の中をもっと大きな視点で見たいと思い、金融業界を調べていたところ、先輩から「こういう仕事があるよ」と教えていただきました。


鈴木

私は大学時代、理工学部の経営システム工学科に所属して、経済学や統計学などを幅広く学んでいたのですが、アクチュアリーについては全く知りませんでした。
専門知識を活かせる仕事を、と考えて金融業界の方の話をお聞きするなかでアクチュアリーを知り、興味を持つようになりました。


※1 責任準備金:
保険会社が将来の保険金などの支払いのために積み立てておくもの。保険加入者を保護するため、保険業法で積み立てが義務づけられている。


ページの先頭へ戻る

テーマ 合格者座談会TOP合格者座談会TOP

アクチュアリーを知ったきっかけ アクチュアリーになるための勉強
アクチュアリーになるメリット アクチュアリーとしてのやりがい
理想のアクチュアリー像 アクチュアリーをめざす方へのメッセージ

参加者

司会
生命保険
損害保険
年金
三好 茂貴さん
奥山 晃平さん
金森 類さん
野村 俊一さん
早瀬 義人さん
堀口 佳子さん
鈴木 聡司さん

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233