公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成29年度 第1回例会のご案内

2017.5.22

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<会計基準>

今回はHenny Verheugen氏とWilliam Hines氏を講師に迎え「IFRS 第17号導入にあたっての実務上の課題 〜アクチュアリーの視点から〜」というテーマでご講演いただき、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。会員各位の積極的なご参加をお願いいたします 。
なお、当日は英語のみの講演で、日本語の通訳はありません。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。 (平成28年度新正会員のCPDカードにつきましては、後日ご連絡いたします。)

1.日時 平成29年6月21日(水)17:00 - 19:00
2.場所 TKP赤坂駅カンファレンスセンター(ホール13A)
(千代田線「赤坂駅」5a出口より徒歩1分)
3.テーマ 「IFRS 第17号導入にあたっての実務上の課題 〜アクチュアリーの視点から〜」
本講演では、以下の項目を中心にお話いただきます。
(1) IFRS 第17号(最終基準)とIFRS第9号の紹介
  1) 一般モデル、変動手数料アプローチ、保険料配分アプローチといった評価手法
  2) 初回適用(IAS 8)
  3) 開示
(2) 損益計算書や収益の表示、バランスシート、商品ポートフォリオ特性
  1) 新たな損益計算書や収益表示、バランスシート、パフォーマンス・インディケーター
  2) 収益パターンの例 (3) 各国のRBC規制、ソルベンシーII、US GAAP、その他の負債評価制度との関係
(4) IFRS第17号の課題
  1) 初回適用
  2) 組織、プロセス、モデル、データに対する影響
  3) 会計上のミスマッチが起こる可能性
(5) 新基準の導入準備
4.講師 Henny Verheugen氏、William Hines氏
ミリマンのプリンシパルであるHenny Verheugen氏は、ミリマンIFRSタスクフォースの議長としてその活動をコーディネートされています。 このタスクフォースは、ローカルチームと協力して、調査レポート、計算モデル、ITソリューションやセミナー資料等の作成をサポートしております。 資本評価や財務報告をはじめとするソルベンシーIIおよびMCEV関連の様々なプロジェクトにおいて幅広く活動されており、MCEV、ソルベンシーII、IFRS第17号に関する記事も執筆されています。 また、業界の会合などでも頻繁に講師を務められています。

ミリマンのプリンシパルであるWilliam Hines氏は、ミリマンIFRSタスクフォースのメンバーとして、IFRS第17号の様々な側面に関する専門知識を提供されています。 上場会社のUS GAAPやIFRSレポーティング、その他の財務報告関連のコンサルティングを幅広く行っておられます。 IASBの保険ワーキンググループ(Insurance Working Group)やUS FASBに対して、保険に関するプレゼンテーションを幾度も行っておられます。 国際アクチュアリー会(International Actuarial Association)の保険会計委員会(Insurance Accounting Committee)委員長、アメリカン・アカデミー・オブ・アクチュアリーズ(American Academy of Actuaries)の財務報告委員会(Financial Reporting Committee)およびIFRSタスクフォースの議長としても活躍されています。 また、業界の会合などでも頻繁に講師を務められています。
5.参加申込 申込参加希望の方は平成29年6月14日(水)までに当会ホームページの”Members Only”より各会員ごとにお申込下さい。 ”Members Only”(会員専用ページ)にログインしていただきますと、「申し込み・アンケートのお知らせ」の欄に、「平成29年度第1回例会参加申し込み」の項目があります。 そちらをクリックすることで参加申し込みの画面に進みますので、入力・送信をお願いいたします。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233