公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


2018年度 第9回例会のご案内

2019.1.11

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<その他>

今回は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所の磯崎 隆司 氏を講師に迎え、企業がデータサイエンスを活用する上で有用な考え方となり得る因果推定について、初学者にも分かり易いように解説いただきます。

詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.テーマ 「観察データからの因果推定入門」
計算機による大規模な分析処理が可能なデータへのアクセスはますます容易になってきているため、こうしたデータが産業的に有効活用されることが期待されてすでに久しい。 機械学習も含めた統計科学がこうした分析における柱となる技術であり、特に機械学習を用いた予測という観点ではすでに産業界で幅広く活用されている。 その基盤科学である統計学では、因果という概念は相関ほど積極的に取り扱われていなかったが、相関関係のみでは、分析結果を理解することに困難を伴うことが多い。 実験計画法のように制御されたデータではない場合、因果の推測・推論は非常に困難ではあるが、全く不可能でもない。 本講演ではこの因果関係や効果の推測について他の統計学あるいは機械学習の分析手法との比較を交え入門的概説を行なう。
2.日時 2019年2月13日(水)17:00 - 19:00
3.会場 TKP赤坂駅カンファレンスセンター(ホール13A)
4.定員 300名程度
5.講師 磯崎 隆司 氏 (株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー)
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所のリサーチャーとしてデータ分析手法に関する研究開発に従事している。 東京工業大学理学部物理学科卒、東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士前期課程修了、電気通信大学大学院情報システム学研究科社会知能情報学専攻博士後期課程修了。 博士(工学)。 精密機器メーカーにて光デバイス、電子デバイスの研究開発を行なったのちAIや機械学習の研究に転じIEEEのAI関連国際学会ICTAIで最優秀論文賞を受賞。近年では統計学の基礎や因果推定ならびにその応用に関する研究のほか、研究成果の社会実装も進めている。
6.参加申込 参加希望の方は2019年2月6日(水)までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい※。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「2018年度第9回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了
  定員を超えるお申込があった場合に、参加者の抽選を行う・事前連絡なしに締切日を早める等の必要な対応を行う場合がございますので、予めご了承下さい。参加を強く希望される方は、お早めにお申し込みをお願いいたします。
7.講演資料 会員サイトからダウンロードしてご持参ください(2月6日(水)頃掲載予定)
当日の資料配布はございません。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233