公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


2018年度 第6回例会のご案内

2018.10.31

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<リスク管理>

 今回はデビッド・レッドファーン博士を講師に迎え「経済価値ベースのアセットアロケーション・ALMの方向性」というテーマでご講演いただき、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。会員各位の積極的なご参加をお願いいたします。
 なお、当日は日本語通訳があります。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.日時 2018年11月27日(火)17:00 - 19:00
2.場所 TKP 赤坂駅カンファレンスセンター(ホール13A)
(千代田線「赤坂駅」5a出口より徒歩1分)
3.テーマ 「経済価値ベースのアセットアロケーション・ALMの方向性」
新しいソルベンシー規制や国際的な会計基準の導入に伴って経済価値ベースの考え方を採用することは、世界中の保険会社における伝統的な負債評価やリスク管理の在り方に大きな影響を与えるものと予想されています。 この講義では、これまでの資産・負債管理の基本的な考え方を振り返ったうえで、ソルベンシーUやIFRS第9号のような新しい監督規制や財務報告基準が導入された場合にどのような影響を与えうるかを考察します。 また、ヨーロッパの主要なプレイヤーにおける経験に基づいて、経済価値ベースのALMにおける実務的な側面からの課題について検討します。
4.講師 デビッド・レッドファーン博士
デビッド・レッドファーン博士はムーディーズ・アナリティックスのエンタープライズ・リスク・ソリューションズ部門リサーチのディレクターをされています。 博士は保険、年金、および資産運用セクター向けソリューションを専門とし、キャリアの大半において、旧バリエ・アンド・ヒバート 社(B&H) およびムーディーズ・アナリティックス(2011年に B&Hを買収)で金融リスク管理を担当されてきました。 この間、さまざまな用途のための各種資産クラスにわたる確率論的モデルおよびカリブレーション手法の開発に主に携わっています。 現在の研究対象は、複数期間にわたるアセットアロケーションとポートフォリオの最適化です。 それ以前は、東京大学の物理工学部で博士課程修了研究員として勤務されていました。
5.参加申込 参加希望の方は2018年11月20日(火)23:50までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい※。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「2018年度第6回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了
  ※会場の収容可能人数に対し想定を超えるお申込があった場合等に、参加者の抽選を行う・事前連絡なしに締切日を早める等の必要な対応を行う場合がございますので予めご了承下さい。
参加を強く希望される方は、お早めにお申込をお願いいたします。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233