公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


2018年度 第4回例会のご案内

2018.10.5

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<医療>

 今回はジョン・オブライエン博士を講師に迎え「プレシジョン・メディシン(精密医療)」というテーマでご講演いただき、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。会員各位の積極的なご参加をお願いいたします。
 なお、当日は日本語通訳があります。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.日時 2018年10月30日(火)17:00 - 19:00
2.場所 TKP 赤坂駅カンファレンスセンター(ホール13A)
(千代田線「赤坂駅」5a出口より徒歩1分)
3.テーマ 「プレシジョン・メディシン(精密医療)」
疾患のスクリーニングは、従来、広く大衆を対象としており、スクリーニングプログラムの有効性は限られていた。 疾患に対する治療法も、よく見られる症状・徴候の背後にある様々な相違や複雑さへの理解を欠いたまま選択されてきた。 このプレゼンテーションでは、疾患発症の機序やその要因、発症制御を司る因子への理解が可能にした、より個別化したスクリーニングや、より個別化した治療法について考察していきたい。 精密化された医療による治療成績の向上は既に現実のものとなりつつあるのである。
4.講師 ジョン・オブライエン博士
ジョン・オブライエン博士は、呼吸器内科の専門医です。彼はケープタウンのクリスバーナード記念病院で研究および臨床に従事し、また、治験センターの運営に携わっていました。 2016年には、ロンドンとケルンに拠点を置くGen ReのLife/Health部門の研究開発担当CMO(Chief Medical Officer)に就任しました。 これに先立つ5年間は、南アフリカ共和国のGen Reにコンサルタントとして携わり、さらに南アフリカのCMOに就任、英国のコンサルタントとしても従事しました。 彼はジンバブエで生まれ、ケープタウン大学の医学部を卒業、グルートシュアール病院で専門医教育を受けました。また引き続き、ケープタウン大学とタフト大学で専門医としてのトレーニングを受けました。
彼は南アフリカ胸部医学会の元会長であり、1995年に呼吸器の専門誌"South African Respiratory Journal"を創刊し、2013年までその編集に従事しました。 喘息、慢性閉塞性肺疾患および市中肺炎の治療に関する南アフリカのガイドライン策定に携わり、70以上の治験の主任研究者として活動しています。
5.参加申込 参加希望の方は2018年10月23日(火)23:50までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい※。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「2018年度第4回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了
  ※会場の収容可能人数に対し想定を超えるお申込があった場合等に、参加者の抽選を行う・事前連絡なしに締切日を早める等の必要な対応を行う場合がございますので予めご了承下さい。
参加を強く希望される方は、お早めにお申込をお願いいたします。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233