公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


2018年度 第1回例会のご案内

2018.6.27

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.5単位
<リスク管理>

第1回の例会は、次のとおり2部構成とします。

第1部
16:20-16:50
次の講義を行います。
「資本規制の歴史と最近の論点」
講演者: 国際アクチュアリー会(IAA) 保険監督委員会副委員長
       第一生命経済研究所 重原 正明 君
第2部
17:00-19:00
次のテーマでご講演いただきます。
「経済価値ベースの資本規制 − 北米における動向」
講演者: RGA Jim Dallas 氏
※当日は日本語通訳があります。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.日時 2018年7月27日(金)16:20 - 19:00(第1部:16:20〜16:50、第2部:17:00〜19:00)
2.場所 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(ホール7)
 (東京メトロ 日本橋駅A3出口 徒歩1分、JR東京駅 日本橋口 徒歩4分)
3.第1部(講義) テーマ:「資本規制の歴史と最近の論点」
世界での保険監督における資本規制の歴史を概括し、現在資本規制において論点となっているいくつかの事象(会計基準との関係、オペレーショナル・リスクの反映、グループ必要資本など)について紹介します。

<講演者>
重原 正明君は、1987年東京大学理学系研究科(現:数理科学研究科)修士過程終了、同年第一生命保険相互会社(現:株式会社)入社。その後主に同社主計部にて収支分析・商品数理・保険会計・株式会社化等の業務を行う。2008年4月 同社収益管理部部長、2010年4月株式会社第一生命経済研究所 総合研究部(現:調査研究本部 経営環境研究部)部長、2012年4月 同部部長兼研究理事となり、現在に至ります。
日本アクチュアリー会保険監督部会部会長(2013年より)その他国際基準対策委員会委員など。国際アクチュアリー会(IAA)保険監督委員会副委員長(2017年より:委員は2013年より)、ORSA小委員会委員(2013年より)。
理学修士、日本アクチュアリー会正会員、CERA、日本保険学会理事
4.第2部(講演) テーマ:「経済価値ベースの資本規制 − 北米における動向」
ソルベンシーII資本要件への移行とIFRS新基準の採用が進む中、グローバルな保険業界は経済価値ベースの準備金と資本十分性基準へシフトしつつあります。米国およびカナダにおける最近の動向を概説します。

<講演者>
Jim Dallas氏はRGA リインシュアランスカンパニーのグローバル・ファイナンシャル・ソリューション部門ヴァイス・プレジデント&シニア・アクチュアリーです。アジアにおける事業と本社同部門との橋渡しを主な責務とし、アジアにおけるビジネス開発担当者やアクチュアリーと密接に連携して、再保険ビジネスの開拓や取引を進めています。現在、日本に長期滞在し、職務を遂行されています。
Dallas氏は、再保険業界において25年を超える経験を有します。アイオワ大学で保険数理学を専攻し、理学士を取得しました。米国アクチュアリー会の正会員であり、米国アクチュアリー学会のメンバーでもあられます。デービッド・アトキンソンとの共著である『Life Insurance Products and Finance: Charting a Clear Course』は米国アクチュアリー会試験のテキストとして広く知られています。また、米国アクチュアリー会年次大会等において幾度もパネリストを務める等、積極的に業界に貢献されています。以前は米国アクチュアリー会再保険委員会委員長も務められました。
5.参加申込 参加希望の方は2018年7月20日(金)までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「2018年度第1回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233