公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

others

「京都大学大学院理学研究科アクチュアリーサイエンス部門の集中講義」のご案内

2012.7.17

京都大学大学院理学研究科アクチュアリーサイエンス部門では、数学・数理解析専攻グローバルCOEプログラム「数学のトップリーダ−の育成−コア研究の深化と新領域の開拓」の一環として、保険数学集中講義「Quantitative Risk Management」(定量的リスク管理)を開講します。本講義は日本アクチュアリー会の協賛開催として おり、日本アクチュアリー会の会員も参加可能(事前申込不要・無料)です。

詳細はこちら又は以下のURLをご覧ください。
http://gcoe.math.kyoto-u.ac.jp/various/2012hokensugaku.html

なお、講師のエンブレヒツ氏は日本アクチュアリー会の平成21年度第3回例会、平成22年度関西支部第1回例会での講演歴があります。平成21年度第3回例会の講演録については、アクチュアリージャーナル特別号「リスクと保険」(2010)に掲載されております。

■日時:2012年8月6日(月)〜9日(木)
■場所:京都大学理学部3号館110講演室・127大会議室
■テーマ:Quantitative Risk Management(定量的リスク管理)
■講師:Prof. Paul Embrechts (ETH)
     (ポール・エンブレヒツ氏、スイス工科大学チューリッヒ校教授)
■プログラム:
  8月6日(月)14:00〜15:30 Basic concepts from QRM
  8月7日(火)10:30〜12:00 Modelling multivariate factor distributions
          14:00〜15:30 The basics of Extreme Value Theory
  8月8日(水)10:30〜12:00 Modelling dependence beyond linear correlation
          14:00〜15:30 Some applications, possibly Operational Risk
  8月9日(木) 10:30〜12:00 Discussion(討議)
■言語:英語(通訳なし)

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233