公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

アクチュアリーを目指す 座談会

テーマ2 アクチュアリーになるための勉強

司会

次の質問ですが、皆さんがアクチュアリーになるための勉強を始めたのは、いつ頃でしょうか?


鈴木

私は大学4年のときに、内定を得た会社から「12月に試験があるから受けてみたら」と勧められて、大学での研究と並行してアクチュアリーの勉強を始めました。

野村

私も同じです。私の会社では、内定者向けにアクチュアリー志望者の勉強会や社内模試があり、そうした場に参加して勉強し、修士2年の12月に初めて試験を受けました。

早瀬

私は、入社当初はアクチュアリーになろうとは考えてなく、周囲の勧めで初めて受験したのが入社2年目の12月で、勉強を始めたのは、その1ヶ月前くらいでしたね。
皆さんのように、初めからアクチュアリーを目指して入社する場合、やはり内定時から勉強を始めて、入社前の12月に受験するというのが一般的でしょうか?

堀口

そうだと思います。やはり、入社前に少しでも試験に合格していれば、入社してから正会員になるまでの時間が短縮できますから。
アクチュアリーは正会員になるのがゴールではなく、なってからも勉強が必要です。早く正会員になれば、それだけ早く次のステージの勉強に取り組めますよね。

鈴木

採用する側からすると、同じレベルの学生で、アクチュアリーの勉強をしている人と、してない人がいれば、勉強している人を採用したいと思うかもしれません。
ただ、会社に入ってから勉強しても間に合いますので、個人的には、大学時代はもっと遊んだ方が良いかな、と思います。

金森

同感です。私も内定してから勉強を始めましたし、試験勉強を頑張るのは大切なことだとは思いますが、学生時代には他にやるべきこともあるはずです。
ただ、堀口さんが言われたように、会社に入ってから楽だというのも確かです。仕事をしながらだと、学生時代と比べて、勉強に取れる時間も減りますしね。

野村

学生時代は無限に思えるほど時間がありましたが、やはり社会人になると、勉強できる時間が限られますよね。
どの科目も、合格するまで相当の勉強が必要なので、計画を立てて進めていくことが大切だと思います。

金森

その通りです。私の場合、学生時代は試験前に集中的に勉強することが多かったですが、社会人だと1日10分とか30分とか、日々少しずつ積み重ねていくような勉強になりました。

堀口

私も社会人になってからは時間が取れないので、通勤電車を活用していました。読んで覚えるものは電車でやって、手を動かすものは家で、と勉強する内容によって場所を区別したりして、時間を有効に活用していました。

奥山

確かに、社会人になると時間を取るのが大変ですが、その反面、実際の仕事を経験しているからこそ勉強がはかどる、という側面もありますよね。
特に二次試験はアクチュアリーとしての実務に関わるため、学生時代に勉強していても、なかなか理解が進まないと思います。実際の業務をやってみることで、具体的な事象や数学、計算がイメージできるので、勉強の効率は上がると思います。

早瀬

それは言えます。私の場合、アクチュアリーになるための勉強を始めたのは入社後数年経ってからでしたが、二次試験の内容が、それまで経験してきた業務と合致していて、ある程度の基礎知識を持って取り組むことができましたよ。

奥山

あとは、疑問があると職場の仲間や先輩方に質問できたり、実務的な知識について勉強しやすい環境にあったりすると思うので、むしろ学生時代よりも効率が上がったというのが実感です。

司会

なるほど。早くから勉強を始めるに越したことはないけれど、机上の勉強だけで取れる資格ではない、ということですね。

ページの先頭へ戻る

テーマ 合格者座談会TOP合格者座談会TOP

アクチュアリーを知ったきっかけ アクチュアリーになるための勉強
アクチュアリーになるメリット アクチュアリーとしてのやりがい
理想のアクチュアリー像 アクチュアリーをめざす方へのメッセージ

参加者

司会
生命保険
損害保険
年金
三好 茂貴さん
奥山 晃平さん
金森 類さん
野村 俊一さん
早瀬 義人さん
堀口 佳子さん
鈴木 聡司さん

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233