公益社団法人 日本アクチュアリー会
 


委員会・研究会の活動

調査・研究機能、答申・建議機能

ERM委員会 ALM研究会

2017.4.3

1.目的


ALM研究会は

  • 生保ALMに関する調査・研究およびその研究成果の報告
  • 金融工学等、金融技術の調査・研究およびその研究成果の報告

を行っている研究会です。

2.活動実績


ALM研究会関連のこれまでの発表文書は次の通りです。


また、年次大会等を通じて以下のセミナーや講演活動も行っております。


<2002年度>

  • 金融庁/IAIS/ADBI/OECD主催Tokyo Executive Seminar on Insurance and Supervision, "Recent Developments in Financial Risk Management of Life Insurance Companies and the Practices in Japan"
  • 年次大会パネルディスカッション「生保ALMの現状と課題」

<2003年度>

  • 年次大会パネルディスカッション「統計学とアクチュアリー」

<2004年度>

  • 「日本における生保ALM」に関する講義
     「ALMセミナー(米国アクチュアリー会(SOA)主催)」
     「ASEA(東アジアアクチュアリー講座)」
  • 年次大会プレゼンテーション「変額年金のヘッジをめぐるいくつかの論点」

<2006年度>

  • 金融庁主催のアジア保険監督官セミナーにおいて"Economic Value Based ALM and IAIS Supervisory Standard"

<2008年度>

  • 金融庁主催のアジア保険監督官セミナーにおいて"Risk Management for Life Insurance Company"

<2012年度>

  • CERA研修教材作成のサポートを開始

<2016年度>

  • 年次大会パネルディスカッション「マイナス金利と保険会社経営」

※2004年度以降の講義資料ならびにプレゼンテーション資料は、会員専用ページのライブラリでご覧になることができます(会員専用ですのでIDとPWが必要です)。

3.今後の活動内容


ALM研究会では、これまでと同様のALMの調査・研究活動を続けていきますが、国際アクチュアリー会(IAA)のFinancial Risks CommitteeにおけるEnterprise Risk Management(ERM)、ALM等に関する研究活動の本格化を受けて、その活動のフォローにも力点をおいていきます。

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233