公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成29年度 第7回例会のご案内

2017.11.16

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<その他>

今回は 石井 太 先生を講師に迎え「将来人口推計とその応用」というテーマでご講演いただき、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。 会員各位の積極的なご参加をお願いいたします。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.日時 平成29年12月6日(水)17:00 - 19:00
2.場所 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(ホール7)
 (東京メトロ東西線 日本橋駅A3出口 徒歩1分、JR京浜東北線 東京駅 日本橋口 徒歩4分)
3.テーマ 「将来人口推計とその応用」
国立社会保障・人口問題研究所では、近年、国勢調査の公表にあわせて5年に1回将来人口の推計を行っており、本年4月に「日本の将来推計人口(平成29年推計)」を公表したところです。この推計は、過去から現在に至るまでに観測された人口学的データの傾向・趨勢が続くとして将来を映し出す客観的・中立的な人口学的投影手法によっていますが、本講演ではこの推計結果概要に加え、推計の考え方や手法についてご説明いたします。
また、人口投影がこれまで社会が歩んできた方向から自然に導かれる行き先を示すのに対し、今後の私たちの選択や判断によって、これとは異なる将来を実現することも可能です。そのためには、人口投影をベースラインとした仮想的人口シミュレーションを用いた定量的議論が有効と考えられますが、このような将来人口推計の仮想的人口シミュレーションへの応用についてもお話しいたします。
4.講師 石井 太 先生
石井 太 先生は、国立社会保障・人口問題研究所人口動向研究部長であられます。
1991年厚生省(現:厚生労働省)へ入省され、旧統計情報部、年金局、政策統括官付政策評価官室等で勤務されました。 2004年より国立社会保障・人口問題研究所で勤務し、将来人口推計・死亡分析等に関する研究に従事されており、2012年より現職であられます。 カリフォルニア大学バークレー校大学院Ph.D.(人口学)、日本人口学会理事でもあります。
5.参加申込 参加希望の方は平成29年11月30日(木)までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「平成29年度第7回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233