公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成29年度 第2回例会のご案内

2017.6.8

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<医療保険>

今回はアンドリュー・ガスケル氏を講師に迎え「グローバルおよび日本における特定疾病発生率のトレンド−日本市場のアサンプションを策定する上で過去のトレンドや海外市場から学べることは」というテーマでご講演いただき、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。 会員各位の積極的なご参加をお願いいたします。
なお、当日は日本語通訳があります。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします 。 (平成28年度新正会員の方には、6月20日の正会員証書授与式の際にCPDカードをお渡しいたします。 正会員証書授与式をご欠席の方は、例会当日の出席確認時は手書きにて「出席管理簿」へご記入下さい。)

1.日時 平成29年7月5日(水)17:00 - 19:00
2.場所 TKP赤坂駅カンファレンスセンター(ホール13A)
(千代田線「赤坂駅」5a出口より徒歩1分)
3.テーマ 「グローバルおよび日本における特定疾病発生率のトレンド
−日本市場のアサンプションを策定する上で過去のトレンドや海外市場から学べることは」
世界各国で販売されている特定疾病保険商品の多くは長期の保証料率に基づいています。 そのため、保険会社は、発生率の将来トレンドについて常に理解しておかなければなりません。 発生率は、主要なリスクファクターの変動、各国で実施するスクリーニング検査の変更、特定疾病の診断方法の向上によって影響を受けます。 また、薬剤療法や手術等の治療方法の改善や医学の進歩も発生率の変化に寄与します。
本講演では、日本で支払対象になる特定疾病の発生率に関して過去のトレンドを振り返り、トレンドの要因やデータの活用および海外市場から学べる教訓についてご説明することで、発生率が将来どのように変化し得るか一考察をご提供します。
更に、世界の保険市場においてみられる特定疾病保険のイノベーションについても取り上げます。
4.講師 アンドリュー・ガスケル氏
アンドリュー・ガスケル氏は、RGAインターナショナル・コーポレーションのグローバル・プロダクト部門シニア・アクチュアリーであられ、シドニーを拠点に、RGAの各国支店と協力して、生前給付商品の新商品開発の管理・サポートを責務とされています。 現職に就任する以前は、RGAのアジア地域担当ヘッド・オブ・プロダクト・プライシング、RGA韓国支店チーフ・プライシング・アクチュアリーを務めておられました。
シティ大学キャスビジネススクール卒業。 英国アクチュアリー会(IFoA)正会員であり、英国勅許保険研究所準会員でもあられます。 商品開発やプライシング等の業務分野をはじめとして、アジアの再保険業界で10年以上の豊かな経験を有し、2004年にRGAに入社されました。 それ以前は、トローブリッジ・デロイト(シドニー)やワトソン・ワイアット(英国)でコンサルティング業務に従事しておられました。
5.参加申込 申込参加希望の方は平成29年6月28日(水)までに当会ホームページの”Members Only”より各会員ごとにお申込下さい。 ”Members Only”(会員専用ページ)にログインしていただきますと、「申し込み・アンケートのお知らせ」の欄に、「平成29年度第2回例会参加申し込み」の項目があります。 そちらをクリックすることで参加申し込みの画面に進みますので、入力・送信をお願いいたします。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233