公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成28年度 第7回例会のご案内

2016.9.29

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<生命保険>

今回はDavid Wang氏、Eileen Burns氏を講師に迎え「プレディクティブ分析と保険契約者行動のモデリング」というテーマでご講演いただき、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。 会員各位の積極的なご参加をお願いいたします 。
なお、当日は日本語通訳があります。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.日時 平成28年10月25日(火)17:00 - 19:00
2.場所 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(ホール7)
(東京メトロ東西線 日本橋駅A3出口 徒歩1分、JR京浜東北線 東京駅 日本橋口 徒歩4分)
3.テーマ 「プレディクティブ分析と保険契約者行動のモデリング」
まず、プレディクティブ分析とは何か、そして米国の生命保険および年金業界におけるプレディクティブ分析の現状について一般的な話から始めます。 次に、他業界で仕事をしているアクチュアリーと一緒に働いた私たち自身の経験に基づき、保険以外の業界から学んだことをお伝えします。 その後、アサンプションの設定における保守性のレベルの評価にプレディクティブ・モデルを用いた例を見てみます。 最後に、過去に何が起こったかデータから読み取る記述的分析(descriptive analytics)からビッグデータの利用へと保険業界が進んでいる、データを中心とする分析のステージを見ていきます。 この際、データを可視化するためのツールを含め、プレディクティブ分析を採用する各局面、統計的推測の利用に関する見通しや課題、また第三者データソース利用の利点や課題について論じます。
4.講師 David Wang氏 ・ Eileen Burns氏
David Wang氏は、ミリマンのプリンシパルで、米国の生命保険および年金業界でのプレディクティブ分析の利用支援を専門とするミリマンのチームを共同で率いています。 このチームは、マーケティングや販売を目的としたデータ分析の利用とともに、保険契約者行動のモデリングに関する最先端のアドバイスをクライアントに行っています。 彼はまた、プライシング、資本評価、財務報告など、様々なたくさんの年金のプロジェクトに携わっています。 ミリマンの変額年金市場アップデートの四半期報告のコーディネーターも務めています。 彼は、年金や保険契約者行動に関する数多くの論文や記事を執筆しており、SOAのセミナーなどでも頻繁に講師を務めています。

Eileen Burns氏は、プレディクティブ分析を専門とするミリマンのコンサルティング・アクチュアリーです。 彼女は、プレディクティブ分析を用いて保険契約者行動やそれに関連する前提条件を深く理解するための複数の調査研究に携わっています。 また、生命保険および年金商品の数理モデリングにおける幅広い経験を有しており、プレディクティブ・モデルが含む可能性のある多くの数式の説明から、当該概念を応用した中級レベルの1日講座まで、業界の多くのセミナーでもプレディクティブ分析に関連するトピックスで講師を務めています。 また、SOAのPredictive Analytics and Futurism Councilの委員としても活躍しています。
5.参加申込 申込参加希望の方は平成28年10月18日(火)までに当会ホームページの”Members Only”より各会員ごとにお申込下さい。 ”Members Only”(会員専用ページ)にログインしていただきますと、「申し込み・アンケートのお知らせ」の欄に、「平成28年度第7回例会参加申し込み」の項目があります。 そちらをクリックすることで参加申し込みの画面に進みますので、入力・送信をお願いいたします。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233