公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成26年度 第6回例会のご案内

2015.2.20

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

継続教育単位数: 2.0単位
医療

今回は知場 伸介氏を講師に迎え、「最先端の次世代がん診断システム開発へ、産学官連携プロジェクト始動〜13種類のがんを1回の採血で診断〜」というテーマでご講演頂き、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。
会員各位の積極的なご参加をお願い申し上げます。

また、来年度の継続教育制度改正に向けて、今年度より正会員を対象に、当日の会場で出席確認を行いますので、ご協力をお願いいたします。

1.日時 平成27年3月20日(金) 17:00 - 19:00(通常より2時間遅い開始となります)
2.場所 TKP赤坂駅カンファレンスセンター(ホール13A)
(千代田線「赤坂駅」5a出口より徒歩1分)
3.テーマ 「最先端の次世代がん診断システム開発へ、産学官連携プロジェクト始動〜13種類のがんを1回の採血で診断〜」
血液等に含まれるマイクロRNAはがんや認知症の疾患マーカーとして期待されている。 本講演では、NEDOより昨年8月に発表された「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」プロジェクトの概要を説明し、本プロジェクトの研究成果が国民生活や死亡、疾病罹患等に及ぼすと考えられる影響について紹介する。
(参考:http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100304.html
4.講師 知場 伸介 氏
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
バイオテクノロジー・医療技術部 バイオシステムグループ主査、薬学博士
(略歴)  
1987 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了
  研究テーマは、リン脂質・過酸化脂質の代謝
同年 日本鉱業株式会社(現JX日鉱日石エネルギー)入社
  医薬バイオ事業部門で、主に新規研究開発テーマ発掘Gのリーダー
2002事業部門ごと住友製薬株式会社へ移籍
  がん・感染症・ウイルス疾患を領域とする研究Gのリーダー
2005 合併して大日本住友製薬
  認知症・統合失調症を領域とする研究Gのリーダー
  その後研究企画部門に異動し、精神神経系の領域リーダーおよび幹細胞事業の企画推進を行う
  (この間統合失調症薬ルラシドンの開発で社長賞)
2013 新エネルギー・産業技術総合開発機構に出向、現在に至る
  iPS由来心筋細胞による創薬スクリーニングシステムPJ(終了)、マイクロRNA測定技術基盤PJに従事
5.参加申込 申込参加希望の方は平成27年3月12日(木)までに当会ホームページの”Members Only”より各会員ごとにお申込下さい。 ”Members Only”(会員専用ページ)にログインしていただきますと、「申し込み・アンケートのお知らせ」の欄に、「平成26年度第6回例会参加申し込み」の項目があります。 そちらをクリックすることで参加申し込みの画面に進みますので、入力・送信をお願いいたします。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233