公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成26年度 第1回例会のご案内

2014.6.20

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

継続教育単位数: 2.0単位
<生命保険>

今回はティム・ロザー氏を講師に迎え、「デバイス、キオスク、そしてアプリも!医療技術の破壊的進歩−保険業界のリスクとチャンスは」というテーマでご講演頂き、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。会員各位の積極的なご参加をお願い申し上げます。
なお、当日は日本語通訳があります。

また、来年度の継続教育制度改正に向けて、今年度より正会員を対象に、当日の会場で出席確認を行いますので、ご協力をお願いいたします。

1.日時 平成26年7月15日(火) 17:00 - 19:00(通常より2時間遅い開始となります)
※冒頭に浅野理事長から継続教育制度の改正について説明があります。また、出席確認もおこなうため、開始15分前にはご来場下さい。
2.場所 TKP赤坂駅カンファレンスセンター(ホール 14A)
(千代田線「赤坂駅」5a出口より徒歩1分)
3.テーマ 「デバイス、キオスク、そしてアプリも!医療技術の破壊的進歩−保険業界のリスクとチャンスは」
テクノロジーや医学の発展により、消費者のヘルスケアへの積極的な参画が可能になった。 健康増進を図ることが期待される一方で、情報の非対称性が助長されれば、消費者の逆選択リスクにつながる。 テクノロジーがもたらす変化は、保険会社にはリスクにもチャンスにもなる。
4.講師 ティム・ロザー氏
ティム・ロザー氏は、RGAリインシュアランス・カンパニーのシニア・ヴァイス・プレジデント&ヘッド・オブ・グローバル・リサーチ・アンド・ディベロプメントであり、経験地分析、予測モデリング、およびリサーチ活動をグローバルに管轄する責務を担っておられます。 氏は2001年にRGAに入社しました。現職に就任する以前は、商品開発や管理情報リポート、再保険のプライシングを職責としていました。
氏は、処方箋履歴、運転履歴、定期保険契約の平準保険料期間後の経験値分析、および高齢者の死亡率等、保険数理や引受査定に関する多様なテーマのリサーチプロジェクトを多数指揮してきました。 現在、米国アクチュアリー会商品開発委員会委員長を務めておられます。 また、同生命保険リサーチ委員会、およびロンガー・ライフ財団諮問委員会のメンバーでもあられます。
氏は、メリービル大学(ミズーリ州セントルイス)で保険数理を専攻し、理学士を取得しました。 また、ワシントン大学オーリンビジネススクール(同セントルイス)ではMBAを取得されています。 米国アクチュアリー会および米国アクチュアリー学会の正会員であり、リスク管理に関する国際資格CERAの資格保持者でもあられます。
5.参加申込 申込参加希望の方は平成26年7月3日(木)までに当会ホームページの”Members Only”より各会員ごとにお申込下さい。 ”Members Only”(会員専用ページ)にログインしていただきますと、「最新のアンケートのお知らせ」の欄に、「平成26年度第1回例会参加申し込み」の項目があります。 そちらをクリックすることで参加申し込みの画面に進みますので、入力・送信をお願いいたします。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233