公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成24年度 第4回例会のご案内

2012.10.9

社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

今回はライナー・ザックス博士を講師に迎え、「エマージングリスクと複雑な集積リスク - 保険業界へのチャレンジ」というテーマでご講演頂き、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。 会員各位の積極的なご参加をお願い申し上げます。

なお、当日は日本語通訳があります。


1.日時 平成24年11月16日(金) 15:00 〜 17:00
2.場所 TKP 赤坂ツインタワーカンファレンスセンター(ホール7A)
(銀座線・南北線「溜池山王駅」(12番出口)より徒歩1分)
3.テーマ 「エマージングリスクと複雑な集積リスク - 保険業界へのチャレンジ」
効果的なリスク管理のためには過去から学び未来を見通すことが必要です。 しかし、未来を見通すことは記録や統計がないことから非常に困難となっています。 東日本大震災、タイの洪水では、サプライチェーンが寸断され、保険業界は予期せぬ被害が発生する事態を経験しました。 このような経験を踏まえ、エマージングリスクを特定し、複雑な集積リスクを分析する必要性が高まっています。 ミュンヘン再保険では、シンクタンク手法を用いてエマージングリスクを特定、複雑な集積リスクを分析し、管理する仕組みを開発しました。 その手法を紹介するとともに、リスク管理、戦略策定、商品開発等におけるこの手法の活用方法を述べます。
4.講師紹介 ライナー・ザックス博士はミュンヘン再保険統合リスク管理部門において、グループ集積・エマージングリスクチームを率いており、ミュンヘン再保険の世界的な事業展開のためのリスク特定および計量化ツールの開発に従事しておられます。 過去10年間のリスク管理のキャリアにおいて、ドイツおよびオーストラリアにおいて様々な金融および保険リスク管理業務を経験されています。 ザックス博士の近年のリスク管理関連の研究テーマは、複雑なシステムと人的要素のモデル化です。 ミュンヘン大学理論物理学(複雑系理論)博士課程修了 (PhD)、プネー大学(インド)宇宙論修士課程修了。
5.申込 参加希望の方は平成24年10月31日(水)までに当会ホームページの”Members Only”より各会員ごとにお申込下さい。 ”Members Only”(会員専用ページ)にログインしていただきますと、「最新のアンケートのお知らせ」の欄に、「平成24年度第4回例会参加申し込み」の項目があります。 そちらをクリックすることで参加申し込みの画面に進みますので、入力・送信をお願いいたします。
以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233