公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


2018年度 第10回例会のご案内

2019.1.25

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 1.5単位
<その他>

今回は、清水泰隆先生(早稲田大学理工学術院 教授)による著書「保険数理と統計的方法」について、著者自ら、大会議室(定員100名)にてご講義いただきます。

詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.テーマ 「保険数理と統計的方法とその心」
アクチュアリー学には実践的な確率・統計の知識が必要である。 しかしながら、その理論的な側面は、案外重視されていないように思える。 この度出版した拙著「保険数理と統計的方法」は主に破産理論を扱ったもので、実践的なアクチュアリー数理とはかけ離れていると思われるかもしれない。 しかし、実はそれは確率過程に基づくリスク評価の元祖であり、確率・統計の重要な理論的側面をふんだんに含んでいる。 いわば、市場整合的リスク評価などの数学的技法の基礎を与えるものと言え、CERAや次世代のアクチュアリーにとって欠くべからざる知識の宝庫と言えるであろう。 本講義では、あえて1章の確率論の基礎から復習することにより、もしかしたら忘れているかも知れない確率・統計理論のきわどさも再認識しつつ、確率過程によるリスク評価の可能性を探ってみたい。
2.日時 2019年2月27日(水)18:00 - 19:30
3.会場 日本アクチュアリー会事務局 大会議室 (晴海トリトンスクエア)
4.定員 100名
5.講師 清水 泰隆 先生 (早稲田大学理工学術院 教授)
1976年 福井県生まれ
1999年 東京大学理学部数学科卒
同年  第一生命入社(半年後、退社)
2001年 東京大学大学院数理科学研究科
2005年 大阪大学大学院基礎工学研究科 助手
2011年 同研究科 准教授
2017年 早稲田大学理工学術院 教授
博士(数理科学)、SSI国際利酒師、
東日本学生相撲連盟理事、福井ブランド大使
6.参加申込 参加希望の方は2019年2月22日(金)までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい※。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「2018年度第10回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了
  定員を超えるお申込があった場合に、参加者の抽選を行う・事前連絡なしに締切日を早める等の必要な対応を行う場合がございますので、予めご了承下さい。参加を強く希望される方は、お早めにお申し込みをお願いいたします。
7.講演資料 会員サイトからダウンロードしてご持参ください(2月20日(水)頃掲載予定)
当日の資料配布はございません。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233