公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


2018年度 第2回例会 【トリトン講義】のご案内

2018.8.20

公益社団法人 日本アクチュアリー会
例会部会 部会長  岡安 透

公式CPD: 2.0単位
<その他>

 今回はシンガポールよりXavier Conort氏とColin Priest氏を講師に迎え、データサイエンスの最新技術とそのアクチュアリー業務の活用例について、講義を行っていただきます。
 なお、当日は日本語通訳があります。

【注意事項】

今回の例会(講義)は、データサイエンスの具体的実務に関する講義であり、RやPythonなどのプログラミング(コーディング)の基礎知識のある方が対象となります。

内容がデータサイエンスの技術的な面に特化していることもあるため、定員は100名とし、大会議室(晴海トリトン)にて開催いたします。

 また、正会員を対象に、CPDカードを用いた出席確認を行いますので、既に配付しておりますCPDカードを忘れずにご持参下さいますよう、よろしくお願いいたします。

1.日時 2018年9月4日(火)18:00 - 20:00
2.場所 アクチュアリー会大会議室(晴海トリトン)
3.テーマ 「アクチュアリー × データサイエンス:機械学習で自動化すべき保険業務」
この講義では、世界の保険業界の機械学習に対する動向とベストプラクティス、また保険業務における自動化のポイントを紹介します。 人間とコンピュータがそれぞれ得意にしているところ、データサイエンスの主な課題、また機械学習モデルの精度と解釈性を考慮して、自動化する業務と自動化しない業務を決める簡単な原則やデータサイエンスと保険数理の融合についてプレゼンをしていただき、その後、参加者とディスカッションします。
4.講師 Xavier Conort氏
氏は、フランス、ブラジル、中国、シンガポールにて20年近くの実務経験を持つフランスのアクチュアリーです。 2011年にデータサイエンティストへと転向し、Kaggleのコンペティションに参加することによって機械学習の経験をつまれ、それ以来10の賞を獲得し、2012年から2013年度には、Kaggleのデータサイエンティストのトップの座につかれています。 データサイエンティストになる前は、生命保険および損害保険業界にて、アクチュアリー、予算計画部門副責任者、チーフアクチュアリー、財務部長、リスクマネージャなど、さまざまな役割を果たされていました。

Colin Priest氏
氏は、オーストラリア・アクチュアリー会のフェローであり、アポインテッドアクチュアリー、プライシング、リザーブ、リスク管理、商品設計、引受管理、再保険、リレーションシップマネジメント、マーケティングなど、さまざまな保険数理および保険業務に従事されてきました。 氏は、機械学習を保険業界に適用し、データをもとに意思決定することに価値があると強く考えており、DataRobotのプロダクトマーケティングシニアディレクターとして、ビジネスケースの構築方法とデータサイエンスプロジェクトの管理方法について企業にアドバイスする一方、さまざまな国際アクチュアリー学会で頻繁に講演されています。 数多くのCEOやマネジメントロールを経験されており、金融サービス、医療、セキュリティ、石油・ガス、政府およびマーケティングという幅広い分野でデータサイエンスの取り組みを強く支持してきました。また、ヘルスケア科学についても熱心であり、癌研究を支援するためにプロボノの活動もされています。
5.参加申込
 (定員:100名)
参加希望の方は2018年8月30日(木)までに当会ホームページの会員専用ページより各会員ごとにお申し込み下さい。
申込方法は、会員サイトトップページから
 →画面中央の「申し込み・アンケートのお知らせ」のタブをクリック
 →「2018年度第2回例会参加申し込み」の項目をクリック
 →所属先や連絡先等の必要事項を、設問に沿って入力
 →設問画面最下部の「回答」ボタンを押して完了
【注意事項】

申込者数が定員100名を超えた場合、申し訳ありませんが抽選とさせていただきます。
あらかじめご了承願います。

以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233