公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

ミーティング

例会


平成19年度 第8回例会のご案内

2008.3.7

社団法人 日本アクチュアリー会
専門性委員会・例会部会
部会長 岡安 透

今回は、細坪護挙氏を講師に迎え、「数学イノベーションへの展開に向けて(〜科学技術政策の視点から〜)」というテーマでご講演頂き、参加者各位との意見交換を行いたいと考えております。会員各位の積極的なご参加をお願い申し上げます。


1.日時平成20年3月27日(木) 15:00 〜 17:00
2.場所 こまばエミナース(鳳凰の間)
(京王 井の頭線・駒場東大前駅(西口)下車 徒歩5分)
3.テーマ 「数学イノベーションへの展開に向けて」
 − 科学技術政策の視点から −
第3期科学技術基本計画(2006-2010年)の策定に資するため、科学技術政策研究所は2003年頃から第2期科学技術基本計画(2001-2005年)の達成効果の評価のための調査などを実施してきた。 この中で、諸外国と比べて「忘れられた」日本の数学研究の状況が分かってきた。
米国やドイツではここ10〜20年間ほどで数学研究に対して積極的な政策を実施している。 フランスでは数学の社会的地位が高い。 このように、既に欧米諸国では数学研究と諸科学・産業技術との連携を重視し、数学研究全般を推進している。 その背景には、諸科学や産業技術の根本部分にある数理的な思考を大切にしなければ、先端科学の世界でも結局は遅れをとってしまうという認識があるのではないだろうか。
本講演では、科学技術政策の視点から、諸外国における数学研究に関する取組み、日本の数学研究を取り巻く環境の変化、最新の政策動向や国際的な取組みなどを紹介し、数学研究の可能性にも触れたい。
4.講師紹介 文部科学省 科学技術政策研究所 第2研究グループ 研究官
細坪 護挙(ホソツボ モリタカ)氏

京都大学工学部原子核工学科卒業。京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修士課程修了。工学修士。
科学技術庁入庁後、原子力安全局原子力安全課、文部科学省研究振興局基礎基盤研究課材料開発推進室などを経て、現職。 科学技術政策研究所配属後、数学研究、大学教員人材の流動性、研究開発サービスに関する調査分析などに従事。

【主な報告書・著書】
  1. 「忘れられた科学−数学」(2006年5月、科学技術政策研究所Policy Study No.12)
  2. 「米国の数学振興政策の考え方と数学研究拠点の状況」(2006年10月、科学技術政策研究所調査資料No.131)
  3. 「数学イノベーション」(2007年8月、(株)工業調査会、科学技術政策研究所編著)の第1章(9-52ページ)及び全体編集担当
  4. 「研究開発サービス業の統計による把握に関する考察」(2008年2月、科学技術政策研究所Discussion Paper No.46)
5.申込 参加希望の方は平成20年3月19日(水)までに当会ホームページの“Members Only”より各会員ごとにお申し込み下さい。
“Members Only”(会員専用ページ)にログインしていただきますと、「最新アンケートのお知らせ」の欄に、「平成19年度第8回例会参加申し込み」の項目があります。 そちらをクリックすることで参加申し込みの画面に進みますので、入力・送信をお願いいたします。
以 上

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233