公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

委員会・研究会の活動

調査・研究機能、答申・建議機能

国際基準対策委員会 保険会計部会

2017.7.27

1.部会の目的


 保険会計部会は、IASBが策定中の保険会計基準の生命保険に関連する課題への対応を検討することを目的として設置されています。
 当部会は、IAA(当時IFAA)の保険会計委員会(当時IASC保険会計基準小委員会)設置に伴い、1997年2月にIASC保険会計基準委員会として発足しました。その後の組織 の見直しにより、現在は、国際基準対策委員会・保険会計部会となっています。
 IAAがIASBに対して行う提案や国際会計基準に対応して作成するアクチュアリー実務基準に関して対応を行うことが当部会の主要なミッションとなっています。

2.これまでの部会の活動


a.IASB、IAA対応


 保険契約、金融商品、業績測定、公正価値測定等、保険会計に関連したIASB(IASC)の種々の公開草案や討議書等に対して、IAAの正会員組織として、IAAからの提案・意見を通じて対応してきました。
 また、特に影響が大きいと考えられた保険起草委員会の「論点書」、保険会計基準(現IFRS4)の公開草案「ED5」、保険会計基準フェーズUの討議書「保険契約に関する予備的見解」、公開草案「保険契約」については、日本アクチュアリー会として、IASB(IASC)に対して直接に意見表明もしています。

b.基礎的研究


 保険負債評価に係る基礎的事項やIASBの保険会計基準案の詳細等についても、適宜WGを部会内に設置して研究・調査を行っています。

c.国際アクチュアリー実務基準、リスク・マージンWGの報告書等


 保険会計の国際会計基準に関する、国際アクチュアリー実務基準(ISAP)や国際アクチュアリアル・ノート(IAN)、リスク・マージンWGの調査報告書「保険契約に係る負債の測定:現在推計とリスク・マージン」(会報別冊241号)の作成等に当部会からメンバーが参加する等、保険会計のアクチュアリー実務に関連するIAAの諸活動にも積極的に参画しています。

3.今後の部会の活動予定


 引き続き、保険会計に関連したIAAの対応に関する意見の取りまとめや、国際会計基準に対応する国際アクチュアリー実務基準(ISAP、IAN)の作成への参画を中心に、保険会計関連事項の検討・研究を行う予定です。


ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233