公益社団法人 日本アクチュアリー会
 

アクチュアリーを知る アクチュアリーという仕事の魅力

国や組織に縛られないのもこの仕事の魅力。新たな技術やアプローチを日本に紹介し、さらなるフィールド拡大に貢献したい。
 その他の分野 田中千晶さん 外資系コンサルティング会社 コンサルティングアクチュアリー 法学部 法律学科

現在の仕事内容について教えてください。

世界最大規模のコンサルティングファームにコンサルティングアクチュアリーとして所属し、損害保険部門の日本における責任者を務めています。国内外のコンサルタントとの共同作業を通じて、アクチュアリーとしての専門性を活かしつつも、保険数理の枠に縛られないサービスを提供すべく日々チャレンジを続けています。

アクチュアリー会の正会員になったのは損害保険会社に勤務していた時代のことで、コンサルティング会社に転職後は、保険数理に関する知識や経験を活用したコンサルティング・サービスを提供してきました。

仕事をする上で大切にしていることは何ですか。

「何事も一所懸命に、かつ楽しんでやること」と、「クライアントファースト」の2つです。

仕事の魅力ややりがいを教えてください。

コンサルティングアクチュアリーという仕事の魅力は、例えば、世界的に認められたアクチュアリーというプロフェッショナルの専門性を活かして仕事ができること。また、専門知識を“共通言語”として世界中のアクチュアリーと通じ合えることなどがあげられます。さらに、仕事の範囲は、保険数理に直接関わる仕事から、保険数理知識をベースとした関連業務へと広がっており、それなりの覚悟と努力があれば、一つの組織や国といった枠に縛られることなく、フィールドを広げていくことができます。実際、同僚の多くは保険会社での実務経験を持つアクチュアリーですが、保険会社での経験を活用し、さらにそれを発展させることができる仕事だと思います。

アクチュアリーとして、これまでの仕事で“もっとも嬉しかった出来事”は何ですか。反対に、“もっとも辛かったこと”は?

過去に参加したM&Aのプロジェクトで、海外の皆様に「アクチュアリーの田中千晶」と紹介されたときの誇らしさは、今でも鮮明に覚えています。残念ながら、日本でのアクチュアリーの社会的地位はそれほど高くありませんが、世界に目を向ければ、その知名度や人気は大変なものです。それだけでがんばる価値があると思えます。

得な性格で、アクチュアリーとして辛かったことについての記憶はなくしてしまいました(笑)

アクチュアリーになってよかったと思うことはありますか。

アクチュアリーの仕事は「不確実な将来を予測すること」です。個々の業務は、リザービング(将来支払う保険金の予測)、プライシング(保険料率算出)、リスク管理、M&Aにおける会社価値評価などさまざまですが、基礎データをもとに将来を予測するという点においては同じです。いずれも保険業界では重要な業務で、多様かつチャレンジングなこれらの業務に参加できること、専門知識をもって貢献できることに、大きな誇りとやりがいを感じています。アクチュアリーという資格を取得していなかったら、このような業務に関わる機会さえ得られなかったと思います。

また、社内外・国内外の先輩や同僚、友人、後輩たちと、アクチュアリーとしてのお互いの専門性への信頼の上に立って新たなチャレンジをできる環境にいることは、とても幸運だと感じています。

今後、アクチュアリーが果たしていくべき役割とは?

保険数理の専門知識をベースとしつつ、積極的に活動範囲を拡大していくべきだと考えています。これまでアクチュアリーの業務は商品開発や決算業務が中心でしたが、近年では、最新のニーズやテクノロジーを取り入れてリスク・資本管理に貢献することが求められるようになってきました。また、専門家の協力のもと、デジタリゼーションやビッグデータといった分野で、データの分析・活用に貢献していくことも要請されています。

アクチュアリーとしての“今後の目標”は何ですか。

企業価値向上という観点でお客様に貢献していけたらと考えています。また、コンサルティングアクチュアリーという立場を活かして、まだ活用されていない新しい技術やアプローチを日本に紹介し、アクチュアリーの活躍フィールドの拡大に貢献したいと思っています。アクチュアリーの専門性は、保険業界という枠にとどまらず、広いフィールドで活きるのではないかと期待しています。

アクチュアリーを目指す方へのメッセージ

アクチュアリーになるためには、必ずしも理系である必要はありません。私自身も法学部出身ですが、在学中に身につけた文章力や表現力が現在の業務に大いに役立っています。受験勉強に苦労した経験がある人、中でも文系のあなたこそ、専門的な内容をわかりやすく伝えるという能力に長けているかもしれません。

もちろん、決して楽な道ではありませんが、確率統計の知識は保険業界に限らず実社会で役に立ちますから、苦労は必ず糧になります。それに、モチベーションとなる好奇心さえ維持できれば、勉強だって恐れることはありません。どうか数学が得意でない人も(もちろん得意な人も)、魅力あふれるアクチュアリーの世界を目指してがんばってください。お待ちしています。

ページの先頭へ戻る

アクチュアリーという仕事の魅力 一覧へ戻る

座談会

ページの先頭へ戻る

イベント・カレンダー 教科書・書籍購入 委員会・研究会の活動
公益社団法人 日本アクチュアリー会

〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階

TEL:03-5548-6033 FAX:03-5548-3233